解約金も無料に!NURO光をスムーズに解約する方法を詳しく解説

世界最速タイになったNURO光ですが、通信障害がたまに起こるのも事実です。理由はともあれNURO光をスムーズに解約する為の手順や解約金も支払わずに済む方法を詳しくお伝えしますので参考にして頂ければと思います。

 

NURO光の解約方法は2ステップ

いろいろ複雑そうに感じますが、解約手続き自体は簡単です。解約の手続き方法から順番にお伝えしていきます。

NURO光の解約方法はWEBからの解約と電話をかけて解約する事も出来ます。

 

電話で解約手続きをする場合

電話で解約手続きをする場合は、NURO光サポートデスクに電話します。

フリーダイヤル0120-64-3810
受付時間 8:00~18:00
1月1日、2日、NURO指定メンテナンス日は不可

こちらに電話をして、解約したい旨を伝えます。電話の前にNURO光の契約者情報を準備しておくとスムーズに手続きが行えます。

最後にレンタル機器の返却日の調整を行って完了します。

レンタル機器は後日NURO光の指定業者が引き取りに来ますので、そこでレンタル機器を返却して解約完了となります。

簡単2ステップです。

 解約したい旨の連絡

 レンタル機器の返却

 

インターネットで解約する場合

So-netの会員サポートページの退会手続きより解約手続きが可能です。

So-net退会手続きはこちら

ログインが必要です。

あとはWEBサイトに従って解約手続きを進める事で解約ができます。

レンタル機器の返却も必要となります。

 

解約時の注意事項

NURO光、So-netの解約には2種類ありますので気を付けてください。

上記でお伝えした解約はNURO光So-netでは【退会】となります。

ややこしいですね。

NURO光、So-netの解約の定義をお伝えしておきます。

  • 退会:完全にNURO光を含めたSo-net全サービスの解約のことを指します。
  • 解約:NURO光だけの解約で他のSo-netのサービスは継続することを指します。

特にNURO光以外でSo-netのサービスを利用していないのであれば、退会です。その他So-netのサービスを利用している場合や、一部継続したい場合はNURO光の解約となります。

 

特にSo-netのサービスをNURO光以外に利用していないのであれば退会(完全に解約)がベストです。その理由の一つとして重要な部分は、もし次に他の光回線(プロバイダがSo-net)やSo-netのその他のサービスを利用する機会に、So-netに席を残しておくと、次に受ける事が可能なはずのキャンペーン(キャッシュバックや割引)が適用出来ない可能性があります。それはSo-netに登録されているのですから、他の代理店等から経由して申し込まれたけど元からSo-netのお客さんだよね?キャンペーンは適用出来ないよ。
といった具合になる可能性が大きいので、きっぱりと席をはずすことが得策でしょう。

NURO光の回線撤去について

NURO光の回線撤去工事についてです。自己所有や家族所有で光回線の撤去が不要な場合は残置措置をとることが可能です。その場合の費用は発生しません。

一方、自己所有ではない場合、集合住宅や借家などの自己に最終的な光ケーブルについての決定権が無い場合は契約時同様に、事前に所有者に確認する事が必要です。7階建て以下の集合住宅でホームタイプの契約をしていた場合などは、所有者に確認し、撤去してもらわないと困るといった返答の場合は撤去工事を依頼しましょう。

その場合の工事費は10,000円となります。

NURO光の解約で発生する可能性のある費用

NURO光の解約方法をお伝えしました。解約の手続きは簡単ですが、解約した場合に発生する可能性のある費用については、一番気になる部分かと思います。NURO光のホームタイプとマンションタイプでは違いがありますので、それぞれ詳しくお伝えします。

NURO光をホームタイプで契約の場合

戸建や7階建て以下の集合住宅などで契約できるプランに加入していた場合に発生する可能性のある費用としては

 2年自動更新型の契約期間の途中で解約した場合の途中契約解除料

 NURO光の導入時に行った回線工事費分割分の残額

上記2点で確認が必要となります。個別に光テレビなどオプションサービスを契約している場合はそちらの費用も発生する場合があります。

2年契約のプランを途中で解約する場合の違約金は9,500円となります。

工事費については開通工事に40,000円が発生し、30ヵ月利用する事で実質無料となる料金体系となっています。30ヵ月未満で解約する場合は残額が発生しますので、解約時に清算が必要です。

工事費割引として1,333円/月に割引されていますので、契約2年経過後の更新月に解約する場合の工事費残額は1,333円×5ヵ月分=6,665円となります。

2重縛りに近い構造で、工事費割引を30回適用し、工事費残がない状態でもプランの2年契約縛りがありますので、全く費用が発生せずに解約できるのは、開通から4年後となります。

利用年数や工事費残などがわからない場合はNURO光サポートデスクにて確認する事ができます。

 

NURO光forマンションの場合

NURO光forマンションで利用していた場合の解約には少し注意が必要です。

概ねの同類情報サイトを私もチェックしていますが、こちらの情報が記載された情報サイトはほとんどありませんでした。

にもかかわらず、とても重要なことですからNURO光forマンション利用者の場合は飛ばさないでください。

NURO光forマンションで解約時に発生する可能性のある費用としては

 2年自動更新型の期間の途中で解約した場合の途中契約解除料

 NURO光forマンションの工事費分割残額

 解約によってNURO光forマンションの契約数が3名以下になる場合で設備工事費の残債がある場合

ホームタイプ同様に2年契約自動更新型ですから期間の途中で解約する場合は9,500円の途中契約解除料金が発生します。

工事費の分割割引はホームタイプと少し違い36回で実質工事費40,000円が割引されるシステムで1,111円/月割引の計算となります。初めの途中契約解除料金が発生しない更新月の25ヵ月目に解約した場合の工事費残額は1,111円×11ヵ月=12,221円の工事費残額があり、解約時には清算が必要となります。

ほとんどの場合で解約時の費用が発生しない解約は開通から4年後となります。

それではNURO光forマンションで一番重要な部分の3つ目をお伝えします。

NURO光forマンション自体が少し変わった料金体系のため起こる可能性のある料金でマンションでの利用者があなたの解約によって3契約以下になってしまう場合に発生する可能性があります。

マンションにNURO光の設備が新しく導入されてからの契約で利用者が少ないまま、最低1年と半年を満たない間に解約する場合は注意してください。

 

マンションのNURO光の設備新規導入工事には個別の工事費40,000円とは別に60,000円の工事費が発生していますので、マンションにNURO光が導入されて間もない間の解約の場合、その60,000円の工事費の残債も最後の利用者数で均等割りで支払う必要が生じてしまいます。

マンション解約

NURO光forマンションの場合は心配な場合はNURO光サポートデスクにて確認する事が出来ます。

最大金額の場合1人当たり、15,000円が必要になります。これはマンションに導入後1ヵ月でこの状態になった場合ですからこれ以下と考えておけばよいでしょう。

 

NURO光の解約で費用がかからない方法

上記でお伝えしました通り、解約のタイミングによってはホームタイプ、マンションタイプ同様に相当な費用が発生する場合もあります。

解約時に全く費用を支払いたくない場合は開通から4年後が0円で解約可能です。

とてもじゃないけどそんなの待ってられない!今すぐにでも解約したい!

そんな場合は、光回線を他社に乗り換える事によって、他社のキャンペーンを利用し途中解約違約金を現金で還元する事ができます。そんなおいしいキャンペーンを行っている光回線はNURO光同等以上の高速光回線auひかりです。更に工事費の残額分については代理店で申し込む事によって高額なキャッシュバックがありますから、工事費全額をそのキャッシュバック充当したとしてもおつりがきます!

ソフトバンク光もキャッシュバックキャンペーンなど手厚いですが、NURO光を契約していたあなたにさすがにソフトバンク光は回線速度の面で紹介する事はできません。

auひかりをお得に申し込むために、auひかりのキャッシュバックキャンペーンをランキング形式で紹介していますのでよろしければこちらも参考にして頂けたらと思います。

 

あなたに最適なauひかりの申し込み先診断

auひかりの申し込みでもらえる特典のキャッシュバックを重視した診断テストです。auひかりのキャッシュバックはあなたが必要としている環境によって一番お得な申し込み先が変わります。概ねの情報サイトではひっくるめて紹介されていますが、当サイトではキャンペーンを細かく分析していますので、あなたに最適な結果をお伝えする事が可能となっています。

※auひかりの申し込みで選べる特典商品のWiFiルーターやニンテンドースイッチなどの特典を考えている場合は正確な診断結果にならないことがあります。

Q1
auひかりの設置予定エリアは?