携帯電話の途中解約違約金を負担せずauに乗り換える方法!

固定ひかり回線をauひかりに乗り換えた場合や新規にauひかりに契約した場合、もし利用中の携帯電話がドコモやソフトバンクの場合は携帯電話もauに乗り換える事によって途中解約違約金も還元され、お得なセット割引スマートバリューを利用することが出来ます。

でもスマホを今解約すると途中解約違約金が発生する方も多いかと思います。

そんな人も安心です。違約金の負担も軽くするお得なサービスを紹介しますので参考にして頂けたらと思います。

 

auスマートバリュースタートサポート

スマートバリュースタートサポート

違約金還元

固定回線はauひかり、携帯電話・スマホもauでセットの場合はお得なスマートバリューがおすすめなのは以前の記事でみなさんに詳しくお伝えしました。

 

でもその中には、auひかりはお得なキャッシュバックや他社回線の違約金還元サービスがあるからauひかりに乗り換えることができたけど、携帯電話・スマホは解約すると違約金が発生するからどうしようか迷ってる方や、二の足を踏んでる方もいるのではないでしょうか?

 

そんな方の為にもauではお得なauスマートバリュースタートサポート、他社携帯電話の解約違約金を10,260円還元されるサービスが用意されていますので詳しくお伝えしていきます。

 

auスマートバリュースタートサポート適用条件

どんな方でも還元されるわけではありません。

 

2016年9月1日以降でauひかりを開通とセット(同時)で携帯電話もauに乗り換えてauスマートバリューに新規申し込みの方

2016年9月1日以降にauひかりを開通していてこれからauに乗り換えてauスマートバリューに新規申し込みの方

auスマートバリューには指定のデータ定額サービスの契約が必要

auピタットプラン
auフラットプラン20/30
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5cp
LTEフラット

auの契約回線で誰でも割もしくは誰でも割ライトへの加入が必要

誰でも割、誰でも割ライトは2年縛り契約で途中解約の場合は9,500円の解約違約金が発生します。

注意事項

違約金の還元される対象はNTTドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルの2年契約プランが対象で他社の携帯電話購入時の分割分の残債や、購入サポート割引サービスの違約金は対象外ですので気を付けましょう。

 

2年契約の携帯電話の料金プランに対しての還元サービスとなっています。

 

NTTドコモなんかでは実質2重の二年縛りとなっています。携帯電話本体の購入分割のサポート割引と携帯電話の通信や通話料金プランの2重で途中解約違約金が発生し、非常に乗り換えや解約がしにくい構造の料金体系となっていますので注意が必要です。

 

NTTドコモを例に説明しますと、乗り換える場合はauスマートバリュースターとサポートから料金プランに対しての違約金が還元されますので、携帯電話本体の分割サポートが終わってからの乗り換えをお勧めします。料金プランが二年縛りで違約金が発生する方を選びましょう。

 

必ずしも料金プランの2年縛りと機種購入の分割サポートでの2年縛りの満了月が同じではないので注意してください。

 

 還元額について

還元額はauの携帯電話を契約1回線で10,260円還元されます。例えば、家族も乗り換える場合は条件を満たすことによって、それぞれで10,260円の還元を受ける事が可能です。

 

還元方法は解約違約金相当額をau WALLET プリペイドカードへのチャージされて還元されますのでau WALLET プリペイドカードを同時に作っておきましょう。こちらはプリペイド型のチャージして使用するカードですのでクレジットカードのような審査などは無くほぼ12歳以上でauユーザーであれば誰でも作ることが出来ます。またアプリやWebでの運用も可能です。

 

家族の携帯まで乗り換えしやすいauスマートバリュースタートサポート

以上のような他社携帯電話の解約違約金の還元サービスがありますのでauひかりを契約した場合、他社の携帯電話を利用しているならセット割引のスマートバリューの恩恵も受けれる為、携帯電話の乗り換えも非常にお得です。

 

裏を返せば家族みんなでauを長く利用してほしいという考え方のもと成り立っているサービスですね。

 

ドコモの途中解約違約金

docomo解約

ドコモを解約する場合は基本の料金プランに対して途中解約の場合(税抜)9,500円の違約金が掛かります。

その他には、機種代金の分割での残債が解約時点の残りを一括精算又は、今まで通りの分割にて期間終了まで支払う必要があります。

その他にFOMA時代の割引の主流だった

いちねん割引

ファミリー割引

ファミ割MAX50

ひとりでも割50

などを契約している場合はそれぞれ違約金が設定されていますので確認が必要です。

近年のXiスマホプランでは家族回線などでファミリー回線として指定されている場合がありますが、割引自体は適用されていませんのでその場合の違約金は不要です。ファミリー割引の適用を受けている回線の場合は違約金が必要となる場合がありますのでご注意ください。

基本的には1年契約や2年契約などの定期契約型の割引サービスには解約違約金が必要です。

末端分割代金の残債以外はほとんどの場合で途中解約違約金は9,500円(税込)10,260円以下で収まります。

 

SoftBankの途中解約違約金

softbank解約

ソフトバンクもNTTドコモ同様に途中解約違約金が発生します。

こちらも概ねのプランで税込み10,260円の途中解約違約金が機種本体分割購入の残債の他にかかってきます。

ドコモ同様に、機種代金の残債は一括支払い、これまで通りの分割も可能です。

実際の解約時にはご自身での確認をおすすめします。

 

機種代金残債が終わってからの乗り換えがおすすめ

上記の様に契約プランに対しての途中解約違約金は還元されますので、機種代金の分割が終わってから乗り換えるのが一番お得と言えます。

 

もう少しで機種代金の分割払いも終了するんだけど待てない方は、機種代金を清算して機種をオークションなどで売ることによって出費を抑える事が可能な場合もありますので、一度自分が使っている機種の中古相場も知っておくと良いでしょう。

 

格安携帯会社との比較

mvno一覧

もう一つauで通信関係をまとめる際に考慮した方が良いのは、最近サービス・質も上昇中のMVNO事業者の選択肢があります。

家族でauを利用する場合、2人以上であればauスマートバリュー等でMVNO事業者を選択する場合より、料金やサービス、携帯電話の通信品質などでMVNOよりお得な状況が沢山あります。

 

一方、1人の場合はMVNOに軍配が上がる例が多くなる場合がありますので十分な検討も必要かと思います。

 

簡単にですが、MVNO事業者のメリット、デメリットをいくつかご紹介します。

 

格安携帯事業者のメリット

こちらは何といっても、携帯電話の利用コストが大手キャリアにくらべて格段に安いのでコストを抑えて携帯電話を維持していくには最大の選択肢の1つです。

 

MVNO事業者やプランによって違いますが、概ね2,000円前後で各大手キャリア同等のサービスを受ける事が可能な場合があります。

 

機種代金を省けば大手キャリアでの概ね5,000円前後から3,000円程度毎月コストを抑えることが可能です。

 

格安携帯事業者のデメリット

どこの格安携帯事業者MVNOでも最大の弱点とも言えるお昼の(12時~13時頃)通信環境の悪化があります。極端に悪くなりますので覚悟が必要です。

 

大手キャリアほどの機種代金購入サポートは受けられない。こちらは流通を考えればおわかりになるかと思いますが、機種の販売量が圧倒的な為同等のサービスはMVNO事業者では不可能です。

 

電話を良く利用する方の場合はひとえにお得と言えない場合が多くある。

 

MVNO事業者を選択した方がお得な場合もある

auに契約する予定が自分1人の場合で、それほど携帯電話の通話時間もない方(2時間程度以下)はMVNOも十分な選択肢の一つですのでauスマートバリューにこだわる必要はありません。

 

今は一人だけど将来増える可能性がある場合でも多くのMVNO事業者は大手キャリアと違って解約違約金の負担が無い場合や少額で済む場合が多いので、実際に増える段階で考え直すことが出来るのもメリットの一つと言えるかもしれません。

 

おすすめのMVNO事業者は通話品質が良いDTIです。格安スマホ(携帯)DTI SIMについてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますので、参考にして頂けたらと思います。