auひかりorフレッツ光

auひかりとフレッツひかり速さを求めるなら?失敗しない回線事業者の比較選択

インターネット回線を提供している回線事業者は大きくわけてKDDIのauひかりとNTTのフレッツひかりがあります。

みなさんもご存知のように現在ブロードバンドインターネットの主力固定回線は光ケーブルのFTTHが主流となっています。

最近では携帯電話とのセット割引による料金サービスで各社が競い合っていますので、携帯電話の機種変更や契約時に自宅の光回線でのインターネットについても勧められる機会が多くなりました。

自宅でインターネットのできる環境が無い方は普及率から考えても少ないかと思われますが、そろそろ自宅にインターネットをと考えている方や、既に環境があるけれど最近乗り換えや見直したいと思っている方に、こちらの記事では失敗しない回線事業者の選択方法をお伝えしますので参考にして頂けたらと思います。

総務省データより引用

 

回線速度の分かりやすい動画解説

 

光回線の速度から考察

失敗しない回線事業者の選択とは何かといいますとみなさんの価値観により変わってきますが、今回のこちらの記事ではインターネット接続サービスの本質でもある光回線、回線速度の側面からお伝えしたいと思います。

光回線の速度なんかより、月々の支払額やどこが一番コストを抑える事が出来るか等についてはまたみなさんに有力な情報の整理ができましたらご紹介したいと思います。

 

光回線の事業者は大きく2つに分ける事ができる

光回線の事業者には大きく分けて知らない人はいない東西のNTTのフレッツ光とKDDIのAUひかりがあります。

ソフトバンク光は?となる方もいるかと思いますので簡単に説明しますと、ソフトバンク光はNTTの光コラボレーションで成り立っているサービスなのです。

もう少し分かりやすく説明しますとNTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」の提供を各事業者が受け、フレッツ光の速度・品質はそのままに各事業者が独自のキャンペーンや施策をプラスした新しいインターネットサービスのことです。

イメージとしては、ソフトバンクがNTTのかわりにフレッツ光サービスの契約を斡旋してる感じに近いかもしれません。

OCN光やU-NEXT光、BIGLOBE光など、最近では数えきれないくらい多数の事業者が同じシステムを利用して光回線の接続サービス(光コラボ)を展開しています。

NTTのフレッツ光は、提供可能なエリアが全国津々浦々普及率100%近いのでほとんどの場所でフレッツ光を利用する事ができます。NTTは自前で光ケーブルを引いているのが最大の武器となります。

もう一つはKDDIのauひかりです。こちらはNTTの光ケーブルを間借り(シェアド回線)して光回線インターネット接続サービスを提供している事業者となります。関東の一部では電力会社が独自に引いた光ケーブル網が現在はKDDIが独自網として利用しているのでNTTに対抗できる唯一の回線事業者なのではないでしょうか。

 

光コラボレーションの注意すべき点

先に述べた光コラボレーション、フレッツ光についてのメリット・デメリットを簡単に説明します。

光コラボレーションの提供事業者(ドコモ光やソフトバンク光等)はNTTのフレッツ光網を利用していますので、例えばフレッツ光に加入しているのだけど、ドコモ光に変えて携帯電話とセットでお得なプランに変更したい!といった場合はフレッツ光からドコモ光などの光コラボには工事不要で乗り換える事が出来ます。

NTT側の工事で切り替える事が可能なので面倒な工事業者がやってきて立会が必要な工事をする必要がありません。

手軽に乗り換える事が可能なメリットがあります。

 

その反面、例えばフレッツ光を契約していて、本題の速度について不満があった場合フレッツ光からドコモ光やソフトバンク光に変えたところで同じフレッツ網を使用していますので劇的な通信速度の改善は見込むことが出来ない場合が多いでしょう。

もちろん地域によって多少の改善がある場合もありますが、回線速度を不満として乗り換えた場合納得できる結果は得られません。これは大きなデメリットですね。

 

auひかりの速度

新規でインターネット回線を契約する場合、回線速度を重視する方はフレッツ以外が賢明です。自然とKDDIのauひかり系になります。これは回線速度計測サイトにてしっかりとしたデータが出ていますので違いは明らかです。

2017年時点でauひかりから回線速度が不満でフレッツ光に乗り換えて改善されたというような情報は見たことがないのも根拠の一つです。

私はフレッツ光から実際にauひかりに乗り換え通信環境が天と地ほど回復しました。

フレッツ光時の速度測定データ

auひかりに乗り換え後の速度測定データ

出来るだけ同じ条件になるように、最も混雑が予想される時間帯にシングルセッションでどちらも計測しています。

私の利用環境(パソコンスペックや通信機器)で、auひかりに乗り換えてからマルチセッションの速度測定結果も参考にして頂けたらと思います。爆速です

 

スピードテストサイトがユーザーの速度テスト結果を集計したグラフを紹介します。こちらは3年ほど前の統計です。

スピードテスト統計結果

測定品質の悪いサンプルや、平均値からかけ離れたサンプルなどを除外するなど、実際の速度の平均という統計ではかなり信頼性のある統計結果のグラフです。

画像右上の中央平均の数値が速度測定結果の平均値でその隣が、サンプルの数です。

NUROひかりを省いては、auひかりの速度がダントツに速いのがわかります。

こちらの統計結果からはいろんなことが分かります。まず絶対的に回線契約数の多いNTTのサンプルが少なく、auひかりのサンプル数の割合が多いといったところに着目すると、auひかりに契約するユーザーの方が速度に敏感といったことが分かります。

3年前の平均統計結果ですが、この頃からauが平均値で速いのがみてとれますね。現在はNTTが回線の混雑でもっと悪化しているのではないかと思われます。

私がフレッツ光を利用していた頃はトラフィックが増加する夜間にはYoutubeの動画はもちろん途切れ途切れになり、普通のWebサイト表示にも時間がかかるようになり、ストレスのある通信速度でしたが、auひかりに乗り換える事によって見事に改善することが出来ました。

フレッツ光は10年ほど契約していましたので料金もauひかりより断然フレッツ光の方が安かったのですが、いくらベストエフォートといえど上記の様な通信環境にお金を払う価値はありませんので、私は乗り換えに踏み切った次第です。

 

PPPoE/IPoE接続方法によっても速度が変わる

私はフレッツ光でのインターネット接続環境はIPV4IPV6のPPPoE方式でしたが、IPV6オプションのIPoE方式に変更することによっても通信環境の改善を期待する事が出来ます。フレッツ光のv6オプションです。

こちらの接続方法はauひかりの接続方式に近く地域などによっては、プロバイダを変更するよりも速度の改善が見込める対処方法かと思いますので、乗換に踏み切る前にテストしてみるのも良いでしょう。

ただフレッツ光の場合はIPv6のIPoEに変更するにはとてもメンドクサイ手続きや機器の交換があります。

事前に自身が利用しているプロバイダでフレッツ光のIPv6オプションが利用可能かを確認します。

 プロバイダが対応可能な場合はNTTのフレッツ光のIPv6オプションに申し込みます。

 その後プロバイダでIPv6オプションの利用を申し込みます。

 プロバイダによっては機器のレンタルが可能な場合もあり、ホームゲートウェイの交換が必要。

 最後に接続設定をして開通となります。

フレッツ光が遅いと言われている、実際に遅い理由の一つに、フレッツ光をそのままの契約で利用する場合、接続方式がPPPoE方式になり、ここに原因があるといっても過言ではないかとおもいます。

auひかりはスタンダードでIPoE方式ですので、ホームゲートウェイが届けば特殊な環境以外はLANケーブルを差し込めばインターネットに接続出来るようになっています。

PPPoE接続は接続IDやパスワードの入力が必要ですが、auひかりのIPoE接続の場合は予めホームゲートウェイに設定されていますのでポン付けで設定が完了します。

 

他の光回線情報サイトにも注意!

私はインターネット光回線の速度にこだわりがある為、鈍足な回線を紹介したくはありませんし、実際に紹介していません。

私が実際に10数年使い続け鈍足になってきたフレッツ光からauひかりに乗り換え回線の速度が激的に改善し、しかも高額なキャッシュバックまでもらえ、非常に感激しましたので、他の光回線ではなかなか無いこのお得なauひかりの情報をあなたにもお伝えしたいと思いサイトを構成しています。

一部の光回線情報サイトなどはフレッツ光(光コラボ)をすすめていながら、auひかりまでおすすめしている状態ですので記事内容にものすごく矛盾が発生した内容となっていました。

特に苦し紛れのフレッツ光とauひかりは同じ接続方法だとか、実際は中の人しかわからない等、わからない部分も、もちろんあるのですが、接続方式やもう少し細かなところまで公開されています。

実際の速度統計結果では明らかにauひかりの方が回線速度的には有利なのですが、フレッツ光やSoftbank光もおすすめしている以上、フレッツ光は遅い、リスクが高いとは書くことが出来ませんからね。

しかも驚いたことに通信関係の仕事をしていたそうです。素人の私でもわかることを自己の利益を追求して記事を書くとああいった風に事実をねじ曲げて伝える必要がでてくる典型的な例のようで滑稽でしたし、光回線の速度や接続方式などに興味がないかたが記事を観覧した場合は鵜呑みにしてしまう場合もあります。

記事を観覧する側も非常に精査が必要で複数サイトを観覧することである程度は間違った情報を回避できるのではないでしょうか。

 

私がフレッツ光のIPV6を利用しなかった理由

フレッツ光の速度が非常に悪い原因の一つに回線の物理的な混雑による速度の低下が考えられた為です。

私の環境で速度が低下したのが光コラボが提供されてから状況がどんどん悪化してきたため近所やフレッツ光自体の回線が飽和状態であると考えた為です。

そしてフレッツ光とauひかりの契約人口の差を考えても私はauひかりを選択しました。

回線工事業者に工事に来てもらったときに伺ったところ、宅内から出た先の電柱や地中にあるケーブルを纏める機器でのフレッツ光とauひかりの割合が7:3~8:2くらいでフレッツ光が多いそうです。

 

中央のグレーのボックスに各家庭からの光ケーブルが集合

 

又、フレッツ光とauひかりでは同じボックスでも中の配線を接続する箇所が違い、分けられていると貴重な情報を頂きました。

光ファイバー構造図
www.tdk.co.jp
接続箇所が違うといった貴重な情報からこの中の線の何本かをKDDIがNTTから間借りと想定していますauひかりのシェアド回線と呼ばれています。となれば、フレッツ光が混雑していてもauひかりには影響がないということです。

なんとか工事業者に回答を誘導するような質問をして、ここまで聞くことが出来ましたが、これ以上の話は関係者以外なかなか確定したことを話すのは難しいかと思います。

 

プロバイダの選択肢

新規契約や乗り換える場合にネックになる一つがプロバイダではないでしょうか。

フレッツ光の場合はプロバイダーは自由に選択可能です。しかしならがらauひかりの場合は7社に限定されます。

@nifty、@T COM(アットティーコム)、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-net

auひかりプロバイダー

まず、プロバイダによる速度の違いが気になってくるかとおもいます。auひかりの場合先にもお伝えした通りIPoE方式ですのでインターネットにはネイティブ方式で接続していますので物理的にプロバイダによる速度の違いはありません

IPoE方式
ascii.jp

この図はフレッツ網ですが3つの事業者のうちの一つが、KDDIのDIONと考えて頂けるとわかりやすいかと思います。コマンドラインから調査するとDIONが出てくるのが根拠のひとつです。

また新規の場合はそれほど気にしなくても良いかと思いますが、フレッツ光からauひかりに乗り換える場合は現在使用しているプロバイダの変更が必要な場合もあり、メールアドレスも変わるので何かとデメリットの部類で乗り換えのネックになるかと思います。

速度を選ぶか面倒なメールアドレス変更を避けるかの選択になってくると思います。しかしプロバイダにはこのことを想定したメールアドレス使用のみの格安プランが存在しますので確認してみると良いでしょう。

プロバイダーについての詳しい説明はこちら

矢印

 

回線速度重視の場合はauひかりで決まり

料金サービスなどや契約期間等考慮し料金に焦点を絞った場合はまた違った結果が見えてくるかもしれませんが本来の光回線インターネット接続サービスの根本、回線速度の側面からみるとauひかりが絶対的におすすめです。

私の住んでいる地域の場合フレッツ光において夜の混雑時は上の図のような酷い状態でしたが、昼間はauひかりと同様な測定結果で快適にインターネットが可能でした。

住んでいる地域の回線の込み具合(契約者数)によっても変わってくる部分ですのでスピードテストサイトにて現状を把握する事が大切です。

また回線速度重視で新規にインターネット光回線を契約しようという場合は圧倒的フレッツ光ユーザーが多いので混雑を避ける為auひかりを選択することをおすすめします。

フレッツ光のIPv6オプションIPoE方式に変えたとしてもフレッツ光やその他光コラボなど圧倒的な通信量のケーブルを使うことは避けるすべがありません。

 

私がフレッツ光からauひかりに乗り換えたお得な申し込み方法は下記の記事で詳しくお伝えしていますので、そちらも参考にして頂けたらと思います。

矢印