ヤマダ電機auひかりキャンペーンを調査申し込み先間違ってませんか?

auひかりキャンペーン, auひかり代理店

インターネット回線を申し込むには家電量販店でしょ!ヤマダ電機以外は考えられない!こう考える方も少なくはないかと思います。なぜなら、一時期は家電量販店のインターネット申し込みキャンペーンが過熱していました。

最近はインターネット回線の申し込みも少し状況が変わってきています。auひかりはインターネットから代理店を通して申し込む事でお得になります。これはauひかりに限らず、様々なインターネット回線で同様の事が起こっています。

そこでauひかりをヤマダ電機で申し込んだ場合に適用されるヤマダ電機独自のキャンペーンについて詳しく店頭にて取材を行ってきましたので、ヤマダ電機でauひかりを申し込もうと考えているなら是非参考にして頂ければと思います。

 

auひかりのキャンペーンについて

auひかりをヤマダ電機で申し込む前にauひかりのキャンペーンについて理解を深めておくことで、後悔なくauひかりを申し込む事ができます。auひかりに限らず、インターネット回線は一度契約してしまえば、数年間は利用する大切な契約です。時には取り返しのつかない事態にも発展したりする場合もありますので、読み飛ばさずしっかり理解する事が重要です。

auひかりを申し込んで適用になるキャンペーンには大きく分けて、

申し込み先独自のキャンペーン(ヤマダ電機)

 KDDIauひかり公式キャンペーン

同時に申し込むプロバイダのキャンペーン

auひかりのキャンペーンは3つのキャンペーンを併用する事が可能になり、このあたりが他の光回線に比べてキャンペーンが手厚くなっている理由の一つともなっています。

 

ヤマダ電機独自のキャンペーンをネット代理店と比較

ヤマダ電機auひかりキャンペーン詳細

ヤマダ電機のauひかりのキャンペーンをしっかりと調査してきましたので、詳しくお伝えします。ヤマダ電機だけでは分かりにくいかと思いますので、インターネットから申し込みが可能な安心のauひかりの代理店と比較しながらお伝えしていきます。

 ヤマダ電機NNコミュニケーションズ
NEXT
キャッシュバック金額
ネットのみ
通常 5,000円
18,000円
キャッシュバック金額
パソコン等購入同時申し込み時
キャンペーン期間中
35,000円
通常時
20,000円
設定無
オプション加入
キャッシュバック申請方法開通時の書類を店頭へ持参折り返しの電話口で振込先口座を伝えて完了
キャッシュバック受取時期開通2ヵ月後開通後最短1ヵ月後
アンケート有無
キャンペーンの主体ヤマダ電機NNコミュニケーションズ
NEXT

取材で分かったことは、ヤマダ電機の通常の特典はなんとキャッシュバック5,000円なのです。POPには大きく公式キャンペーンやスマホのセット割りなんかも表示しキャッシュバック金額を大きく表示していますが、実際の所5,000円なのです。

パソコンや指定のスマホを更に購入、契約する事でキャッシュバック金額は増額しますが、それらを必要としていない場合はauひかりをヤマダ電機で申し込むメリットがありません。

逆を言えば、パソコン等の購入を同時に予定している場合はauひかりもヤマダ電機で申し込むのも良いでしょう。

ですが、調査時は特別なキャンペーン中(2019年4月1日~2019年4月30日まで)で35,000円までキャンペーン特典のキャッシュバック金額が増額されますが、期間を過ぎれば同時購入の場合でも20,000円のようです。

35,000円であればインターネットから申し込める代理店を大きく上回っている為メリットがありますが、通常時キャンペーンでは20,000円と差がなくなってしまいます。そのような場合は例えパソコン等の購入を考えていたとしても、ヤマダ電機にキャッシュバックを受け取りに行く手間で差額は無くなってしまうでしょう。

メリットが全く存在しなくなります。好きな所でパソコンを買って、インターネットから代理店をとおしてauひかりを申し込めば良い話になってきますよね。

 

auひかり公式キャンペーン

auひかりの公式キャンペーンは申し込み先がヤマダ電機でなくともどこで申し込んでも利用できるキャンペーンとなります。もちろんヤマダ電機で申し込んだ場合でも適用されます。

そのキャンペーンの内容は

auひかりスタートサポート

他社からの乗り換えで他社の途中解約違約金が発生する場合にKDDIauひかりが違約金相当額を30,000円まで還元してくれるキャンペーンとなります。

auひかりスタートサポート上乗せキャッシュバック

他社からの乗り換えで違約金が発生し、スタートサポートを利用する申し込みの場合は更にキャッシュバックがホームタイプで25,000円、マンションタイプで15,000円がキャッシュバックされます。

工事費が実質無料

回線導入工事費用ホームタイプ37,500円、マンションタイプ30,000円の工事費分が毎月割引され、ホームタイプで60ヵ月、マンションタイプで24ヵ月利用する事で実質無料となる割引です。

auひかりは公式キャンペーンだけでもかなり手厚いキャンペーンとなっています。ですからいかにも公式のキャンペーンが自社(ヤマダ電機や代理店などの申し込み先)独自のキャンペーンのように告知している申し込み先もありますので注意が必要です。

 

プロバイダのキャンペーン特典

auひかりはプロバイダとセットの料金で、申し込む際には7社からプロバイダの選択が必要になります。

auひかりのプロバイダ詳細はこちらの記事

ヤマダ電機やインターネットから申し込める代理店などからauひかりを申し込む際には選択するプロバイダからもキャンペーン特典のキャッシュバックがもらえることがあります。

auひかりプロバイダー

7社あるプロバイダの中でもキャンペーン特典のキャッシュバックがあるプロバイダは3社のみとなります。

BIGLOBE

So-net

@nifty

プロバイダの詳しい記事でもお伝えしていますが、各プロバイダの違いはほとんどありません。その為あえて違いを見つけるとしたらキャンペーン特典のキャッシュバックが一番の違いとなり、プロバイダを選ぶ際の基準となります。

プロバイダからのキャンペーン特典のキャッシュバック金額は以下のようになっています。

BIGLOBE

ホームタイプ
ずっとギガ得プラン
キャッシュバック
25,000円
マンションタイプ
お得プランA
キャッシュバック
20,000円

provider_logo_sonetグレー

ホームタイプ
ずっとギガ得プラン
キャッシュバック
25,000円
マンションタイプ
お得プランA
キャッシュバック
20,000円

nifty

ホームタイプ
ずっとギガ得プラン
キャッシュバック
25,000円
マンションタイプ
お得プランA
キャッシュバック
20,000円

 

当サイトauひかりの達人編集部が調査した結果、ヤマダ電機で申し込んでも、インターネットから申し込める代理店で申し込んでもプロバイダからのキャンペーン特典は同じとなっていました。

プロバイダからのキャンペーン特典は申し込み先によっては適用されない場合がありますから注意してください。例えばKDDIauひかり公式サイトやauショップなどから申し込む場合は適用されません。

 

auひかりをヤマダ電機で申し込むとお得な人

auひかりをヤマダ電機で申し込もうかインターネットから申し込める代理店で申し込もうか迷っているなら、今回調査したキャンペーンの期間中に限り、もし同時にパソコンやスマホの購入を考えている状態であれば、auひかりはヤマダ電機で申し込むと良いでしょう。

かなり限定的な条件ではありますが、インターネットから申し込める代理店より上記の場合はお得な内容となっていました。

キャンペーン内容:パソコン等+auひかり申し込みでキャッシュバック35,000円

調査店舗:ヤマダ電機LABI新宿西口店

ヤマダ電機キャンペーン期間:2019年4月1日~2019年4月30日まで

ヤマダ電機でも店舗やキャンペーンの時期で内容が違いますので注意してください。概ね通常時キャンペーン時は大体の店舗で以下の内容となっているようです。

auひかりの申し込み:キャッシュバック 5,000円

パソコン等の購入+auひかりの申し込み:キャッシュバック 20,000円

 

auひかりをヤマダ電機で申し込む必要がない人

特にヤマダ電機でパソコンや指定のスマホなどの購入予定がない。

ヤマダ電機でパソコンなどを購入予定ではあるけどヤマダ電機のキャンペーンが20,000円の場合。

ヤマダ電機のauひかり申し込みキャンペーン店舗を探すのが面倒な人。

キャンペーン特典のキャッシュバックをauひかり申し込み店舗に取りに行くのが面倒な人。

この様な状況なら特にヤマダ電機でauひかりを申し込む必要はないと言えます。都内でもヤマダ電機は沢山ありますので、そんなのいちいち調べてられないよっ!15,000円の差で!となりますよね。

 

ヤマダ電機のauひかりキャンペーンまとめ

単純にauひかりの申し込みをメインで考えているのであれば、ヤマダ電機のauひかりキャンペーン特典は、キャッシュバックが5,000円とわかりました。

わざわざヤマダ電機まで出向き5,000円のキャッシュバックを貰う必要はないでしょう。

たまたまヤマダ電機で条件の良いキャンペーンがやっていて、尚且つパソコンやヤマダ電機指定のスマホの購入を考えている!といった結構限定的な状況の場合ではありますが、そのままauひかりを申し込んでも良いのではないでしょうか。

現場できっと検索してこちらの記事をご覧になったりする方もいるかと思いますが、その場合ヤマダ電機の独自キャンペーンが少なくとも30,000円程度あれば良いキャンペーンかとも思います。

有料オプション加入が必要な場合は見送った方が良いでしょう。

参考になりましたでしょうか?そんな限定的な状況ではない場合はヤマダ電機よりお得なインターネットから申し込める安心の代理店を以下の記事でご紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

矢印

auひかり優良代理店比較の記事はこちら