auひかりの料金auひかりの料金について初期費用から月々の利用料金などを詳しくお伝えする記事のカテゴリです。auひかりの料金は契約するプランによって違います。基本的にホームタイプ/マンションタイプで異なり、ホームタイプでは更にそこから1ギガ/5ギガ/10ギガサービス、マンションタイプでは設備の種類、契約プランで細分化されています。auひかりの導入にあたり気になる料金体系についてご紹介しています。

auひかりの料金

auひかりを考える場合提供エリアと共に気になるのが月額料金ではないでしょうか?auひかりの料金は複雑な部分もあり、公式ページやプロバイダサイトを見ただけではなかなか理解しにくいこともあるかと思います。

実際にauひかりを利用している私がauひかりの料金について分かりやすくお伝えしますので、参考にして頂ければと思います。

auひかりの料金や解約金を確認しておこう

月額料金が安いからauひかりに乗り換えよう!といったキャッチコピーが各所でみられますが、auひかりは光回線の中でも平均的な料金設定となっています。

結論から申し上げますと同じ程度の回線速度プランであればどの光回線を選んでも1,000円/月も違うといったことはなかなかありません。月に数百円程度の差なのですね。

auひかりの月額料金が安くなるカラクリは、auひかりでの申し込み特典であるキャッシュバックのかわりに、月額料金を割り引きますよといったサービスで有名どころではSo-netからauひかりを申し込む事で、月額料金を抑える事ができます。

当サイトが調べたSo-netの詳細を見てみる

 

auひかりを実際に申し込む際の選択肢としては、月額料金を安く抑えるか、初めにキャッシュバックでドンと還元してもらうかの違いになってくるかと思います。

auひかりの料金は導入する建物で区別されていて、戸建て(ホームタイプ)とマンションなどの集合住宅で料金が大枠で変わってきますがどちらの場合でも以下の様な料金システムになっています。

基本料金インターネットを利用する為の料金や光電話の料金

ネット5,000円前後

光電話500円/月

オプション料金電話オプションパックなどの料金
電話通話料光電話の利用料金
工事費用工事費用を分割分を毎月支払い
割引工事費用を分割分を毎月割引やSo-netの月額利用料金大幅割引など

※auスマートバリューはスマホの月額料金からの割引になります

 

auひかりのホームタイプの月額料金プランと解約金

ネットのみで1ギガサービス契約した月額料金をご紹介します。

auひかりの解約金、違約金の主なものとしては、料金プランに対して発生します。料金プランが数年契約であったりしますので、もし期間の途中で解約する場合は以下の解約金が発生します。

ホームタイプ
選択可能プラン
プランの特徴と解約金ネットのみ料金例
標準プラン契約期間の定めがなく
途中解約違約金が発生しない
6,300円
ギガ得プラン2年単位の自動更新型
途中解約違約金9,500円
5,200円
ずっとギガ得プラン3年単位の自動更新型
途中解約違約金15,000円
5,100円(1年目)

自動更新期間は長いですけれども3年更新のずっとギガ得プランが一番リーズナブルとなっています。

またauひかりに乗り換える際に発生する他社の違約金を還元(スタートサポート)してもらうためにはホームタイプではずっとギガ得プランが必須ですからこちらのプランを選ぶのが無難です。

 

auひかりのマンションタイプの月額料金プランと解約金

マンションタイプにつきましては詳しくは後述いたしますが、マンションに導入されているauひかりの設備機器によっても料金が変わってきます。

導入件数の多いauひかりマンションタイプVについて月額料金と解約金をご紹介します。

ホームタイプ同様で期間が設定されている料金プランに対しては期間の途中で解約すると解約金が発生します。

マンションタイプでは期間の無い標準プランが同額である為、期間が設定されていない標準プランを選ぶとキャッシュバックキャンペーンから適用除外となったりします。

キャッシュバックキャンペーンの多くは期間が設定されているお得プラン(タイプG)/お得プランAの指定がされていますので注意してくださいね。

マンションタイプ
選択可能プラン
プランの特徴と解約金 ネットのみの場合の料金例
タイプV
標準プラン契約期間の定めは無し
違約金は発生しない
3,800円
お得プランA2年単位の自動更新
途中解約違約金7,000円
3,800円

auひかりを利用する場合の基本的な月額料金プランはネットのみの料金となり、必要な付加サービスを付ける場合はホータイプ、マンションタイプ共にオプション金額が加算されていきます。

例えば光電話を付ける場合は月額500円が加算されます。

それでは更にそれぞれ選択できる月額料金プランについて詳しくお伝えしていきます。

auひかりホームずっとギガ得プランの料金と解約金

ずっとギガ得プラン

ずっとギガ得プランとは3年単位での自動更新型の料金プランで1年単位で月額料金が100円ずつ安くなっていく料金プランです。

3年と契約期間を定める事によって通常の利用料金より毎月月額料金が安くなる一番人気の料金プランとなっています。

その為、契約期間途中に解約、料金プラン変更を行う場合は契約解除料を解約金として15,000が請求されます。

契約内容1年目2年目3年目
ネット5,100円5,000円4,900円
ネット
電話

5,600円5,500円5,400円
ネット
電話
テレビ
6,100円6,000円5,900円

高くもなく安くもないといった感じですね。各インターネット光回線の提供事業者は何社もあり、料金設定でも各社競争状態ですが、同条件のプランで1,000円/月も違う様な差はありません。500円違うかどうかの差です。

500円なら年間6,000円の差がでますが、インターネット光回線を選ぶポイントとしては料金よりも通信速度の品質が大切なのではと考えます。

一度契約すると数年間は契約により縛られますから、安いから!でもし契約してしまうと速度について不満がでてもなかなか光回線を変更する事ができません。

料金の差がそれほどないなら、公開の無いよう速度品質が良い回線を選びたいところです。

auひかりとフレッツ光、ソフトバンク光の料金について比較した記事もありますので、興味がございましたら、一度ご覧になってみてください。

auひかりとフレッツ光の料金比較

auひかりとソフトバンク光の料金比較

 

POINTこちらの料金は口座振替、クレジットカードで支払う場合の料金で窓口で支払う場合は+400円、それ以外の振込用紙等の場合は+100円が請求されます。
電話サービスのみの契約やテレビサービスのみでの契約はできません。
電話番号を1番号追加する場合は450円/月の料金が追加で発生し、最大2番号まで利用する事が出来ます。
2番号利用する場合の注意などはこちらの記事で詳しくお伝えしています。

auひかりホームギガ得プランの料金と解約金

ギガ得プラン

ギガ得プランは2年単位の自動更新型の料金プランとなり、標準プランに比べて月額料金が安く設定されています。

期間の途中で解約を行う場合は契約解除料として解約金9,500が請求されます。

契約内容ギガ得プラン 月額利用料
・プロバイダサービス利用料込み
・無線機器レンタル料込
(無線LAN月額レンタル料は除く)
(参考)標準プラン月額利用料
・プロバイダサービス利用料込み
・無線機器レンタル料込
(無線LAN月額レンタル料は除く)
ネット5,200円6,300円
ネット
電話

5,700円6,800円
ネット
電話
テレビ
6,200円7,300円
POINTプロバイダにBIGLOBE、DTIを選択する場合は、標準プラン、ギガ得プランからのプラン変更は受け付けていませんので注意が必要です。
BIGLOBE、DTIは契約後に長く利用しそうだからずっとギガ得プランに変更といったことはできないようになっています。

auひかり10ギガ/5ギガホームの料金設定

関東エリアでは選択肢に入ってくるauひかり10ギガ/5ギガホームですが、料金の考え方はひかり電話や光テレビと同様で付加サービスとして考えると料金体系がわかりやすくなっています。

auひかりは1ギガ/5ギガ/10ギガのサービスがあり速度契約なんて呼ばれたりしています。

先にお伝えしました基本的な月額料金プランに

10ギガホームを考えている場合は月額1,280円の料金が加算されます。

5ギガホームを考えている場合は月額500円の料金が加算されます。

auひかり10ギガ/5ギガホームを申し込む場合は専用の割引サービス【超高速スタートプログラム】を利用する事が出来、3年間月々500円の割引を受ける事が出来ます。

3年間はauひかり5ギガホームと1ギガホームが同じ月額料金で利用できることになり、超高速サービスを利用しやすい料金設定になっていますから、申し込んでみるのも良いかもしれません。

auひかりの初期導入にかかる料金について

auひかりに他社から乗り換えの方も、新規で加入の方も、マンションにお住いの方も、戸建てに住んでいる方もこちらの初期にかかる費用、工事費+登録費は必ず発生します。

マンションで工事が全くない(回線接続のみなど)場合でも工事費が必要となってきます。

料金項目auひかりホームauひかりマンション
初期料金
工事料金含む
37,500円30,000円
初期料金分割払い625円×60回1,250円×24回
登録手数料3,000円3,000円

このように工事費と登録料金がしっかりと発生します。ですが、こちらの工事費については割引サービスがホーム、マンションともあります。

毎月の月額料金から割引されますので、ホームタイプでは60ヵ月、マンションタイプでは24ヵ月利用する事によって工事費が0円となり実質無料になります。

さらにこの工事費割引を複雑にしているのは、月額料金は一括で請求されるのですが、中身がKDDIとプロバイダで分かれているのです。

料金割引auひかりホームauひかりマンション
初期料金割引サービス
(工事費含む)
KDDI分
500円×60回
初期料金割引サービス
(工事費含む)
プロバイダ分
125円×60回1,250円×24回

POINTこちらの注意点としてホームタイプでネットのみの契約の場合、工事費が完全に無料とはなりません。ネットのみですのでプロバイダ分の125円×60回の7,500が割引となります。
KDDIのauひかり電話を使わないのであれば、毎月500円の割引はありませんよってことになってしまいます。詳しくは以下の記事を参照頂ければと思います。

auひかりの工事費は無料にならない

初期登録費用の3,000円は必ず発生します。

申し込みから工事完了後、開通して翌月から月額料金や分割工事費が発生します。登録料金なども開通月の翌月に請求されます。

 

途中で解約した場合工事費の解約金はどうなるの?

途中で解約することがあれば、割引サービスはそこで終了しますので工事費の残額を支払う必要があります。

工事費の考え方としましては最終的には実質無料になるのですが、本来は支払うべき料金として考えると分かりやすいかもしれません。毎月支払うべき分割工事料金を毎月auひかりを契約していることが前提で同額を割り引いてくれる。でも解約したら払いきっていない残額は残りますので解約金というより、工事料金の残額と解釈でき、精算する必要があります。

もし、ずっとギガ得プランの契約期間3年の36ヵ月でauひかりを解約するときは、24ヵ月分の工事費残額が残ることになり625円×24回の15,000円の工事費を清算する必要がでてきます。携帯電話の機種代金に似たシステムといえるかもしれません。

マンションタイプお得プランAと標準プランの料金

タイプV「16契約以上」/都市機構デラックスの場合の月額料金例

契約内容お得プランA標準プラン
ネット3,800円3,800円
ネット
電話

4,300円4,300円
ネット
電話
テレビ
4,800円4,800円
電話1,400円1,400円

auひかりマンションタイプ別料金

auひかりマンションタイプは住んでいるマンションに導入されているauひかりの機器設備の種類によって月額料金も違ってきます。

マンション
タイプ別種類
月額利用料金
(ネットのみの契約例)
お得プランA標準プラン同額
下り最大速度
タイプV163,800円100Mbps
タイプV84,100円100Mbps
タイプG163,800円664Mbps
タイプG84,100円664Mbps
都市機構デラックス3,800円100Mbps
タイプE163,400円100Mbps
タイプE83,700円100Mbps
マンションギガ4,050円1Gbps
マンションミニギガ5,000円1Gbps
タイプF3,900円100Mbps

マンションギガの契約では光電話サービスのみ、又は光電話とテレビサービスのみの利用は申し込むことが出来ません。

マンションタイプGは新しいサービスでプランは【お得プラン】とAが付かないタイプG専用プランのみとなります。詳しくは別記事でまとめてありますので、興味がございましたら参照頂ければと思います。

当サイトが調べたauひかりマンションタイプGの詳細

 

お得プランAと標準プランの違いは、月額料金が同じだけどお得プランAの場合は【おうちトラブルサポート】が料金に含まれてセットされています。

お得プランAの更に詳しい記事はこちら

 

お得プランAの解約金

一見してお得プランって本当にお得!となりますが、標準プランでは契約期間の定めがなく違約金も発生しませんが、お得プランAの場合は2年単位の自動更新で途中解約した場合は契約解除料として解約金7,000が請求されます。

auひかりマンションタイプの速度

マンションタイプの構造上通信速度が出にくい構造となっているマンションタイプが多く、通信速度で不満が出る場合に備え標準プランでいつでも解約できる状態にしておきたいところですが、マンションタイプで契約の場合お得プランAのみキャッシュバックキャンペーンの対象だったりで、なかなかキャッシュバックも速度もおいしいといった2度ハッピーな状態にはならない場合があります。

こちらの記事でマンションタイプについて更に詳しくお伝えしていますので参考にして頂けたらと思います。

またauひかりの速度について詳しく知りたい、興味がございましたら以下の記事もご覧になってみてください。

auひかりの速度は速い!

 

割引サービスについて

auKDDI公式サイトに公開されているサービスは他社から乗り換えの場合に他社の解約違約金を最大30,000円還元するauひかりスタートサポートがありますので、他社からは乗り換えやすいのがauひかりの特徴でもあります。

auひかりスタートサポートについてはこちらで詳しくお伝えしています。

 

auひかりスマートバリュー

auひかりの料金と合わせて考えておくべき1つとしてスマートフォンや携帯電話の料金があります。

それは各携帯キャリアでは自宅の光回線に応じてスマートフォンの月額料金を割り引きますよといったサービスが展開されている為です。

携帯大手3社のどちらかを利用している環境であれば、光回線とセットでお得になります。

auひかりであれば、auのスマートフォン、携帯電話の利用でスマートバリューが適用できます。

特にauスマートバリューは携帯大手3社の中では1番の割引額ですから、まだスマートバリューに申し込んでいないのであれば、申し込むとお得になりますので、申し込んでおきましょう。

auスマートバリューについては以下の記事で詳しくまとめてありますので、興味がありましたら是非参考にして頂ければと思います。

当サイトがまとめたスマートバリューの詳細

また利用しているスマートフォン、携帯がMVNO各社であるようでしたら、スマートバリューが絶対的にお得!とはなりませんので、あまりスマートバリューや他社のスマホセット割引にもこだわる必要がありません。

利用しているスマホや携帯がMVNOであれば、自由に光回線を選ぶことができるとも言えます。

 

auひかりの実際の料金明細を確認してみよう

実際にKDDIから来る月額料金明細書を公開します。

KDDI分2,717円とプロバイダ分4,590円の合計7,307円が請求額です。

電話番号は2番号利用しています。基本500円の追加番号450円で950円。

電話番号を2番号利用する場合は事前準備なども必要です。以下の記事で詳しくお伝えしていますので参照頂ければと思います。

auひかり電話2番号の詳細

 

オプションパックは必要な為加入していますが、人によっては1年後解約する事で月額料金を抑える事ができます。

赤枠-500円部分が工事費無料分の割引サービスです。

KDDI料金明細書

auひかりのプロバイダ料金の確認

更に4,590円のプロバイダ部分についても公開します。

プロバイダ料金明細書

工事費が実質30回で無料になる時期に加入していますので、割引額が-750円となっていますが、現在は60回の月々-125円となります。

KDDI分 -500円 プラス プロバイダ分 -750円 の合計 -1,250円 が毎月30回で37,500円、工事費が実質無料となる仕組みです。

現在ですとKDDIとプロバイダの合計 -625円 を毎月60回の37,500円が無料となります。

光電話は契約のみでほぼ利用しない、1年後にオプションパックEXを外すと毎月5,000円台前半で利用する事が出来るかと思います。

 

auひかりの回線撤去料金

auひかりを申し込む前には忘れてはいけないのが解約時にかかる解約金のひとつ、回線撤去の工事料金です。

その額28,800円(税抜)です!

こちらの回線撤去費用は2018年3月1日に改定されましたので以降auひかりを契約したすべての人に解約時に発生する費用となります。

結構高額なのですが、こちらを最終的に支払ったとしても加入時に代理店を利用して加入するともらえるキャッシュバックが高額すぎますので、他の光回線よりもお得になっています。

またやむおえず(転勤など)auひかりを解約する事になっても移動先でauひかりが利用できればこちらの費用は発生しません。

Left Caption
じゃあ引っ越し先でauひかりがエリア外になったらどうなるの?auひかりを使いたい気持ちはあってもエリア外じゃ使えないよね?
Right Caption

auひかりの達人

その場合はauのポケットWiFiを固定代替として利用できれば撤去費用が発生しません。またマンションタイプであれば、導入物件に左右されますが、ホームタイプが提供不可能地域でも利用する事ができますよ。
Left Caption
インターネットの利用用途がポケットWiFiでは解決できない場合や引っ越し先マンションで、auひかりが導入されていない場合は撤去費用が発生するよね?
Right Caption

auひかりの達人

そのような場合、やむなくではありますけどauひかりを解約となり、回線撤去料金が発生してしまいます。
Left Caption
いくらキャッシュバックが高額で、最終的には回線撤去費用を支払ってもお得になるとしてもauひかりを申し込むのは抵抗があるな~
Right Caption

auひかりの達人

そういった場合は代理店から申し込む事でプロバイダの指定など条件はあるけど、回線撤去費用を代理店が負担してくれるキャンペーンがありますので、利用すると良いでしょう。
最終手段としては、auひかりがそうであるように、他社の光回線ではそういった場合に発生する費用を負担してくれる光回線がありますので、そちらを利用する手段があります。

回線撤去費用を無料にする詳しい記事はこちら

 

auひかりは申し込み先を間違えると後悔します

以上が基本的な料金や途中解約の場合の解約金、公式の割引サービスなどauひかりの料金についてお伝えしました。

auひかりでは申し込む窓口によって更に手厚い月額利用料金割引サービスや高額キャッシュバックをもらう事ができます。申込先を間違えると、数万単位でもらえるはずのキャッシュバックがなくなりますので、申し込みの際は慌てず、あなたに合った方法、代理店を見つけていただければと思います。

もし、お得に申し込める代理店や申し込み先など迷いましたら、当サイトTOPページに、あなたにあったお得な申し込み先を診断できる診断テスト、また安心してお得に申し込める代理店なども比較していますので、一度ご覧になってみてください。

auひかりをお得に申し込む方法

auひかりテレビサービス, auひかりの料金

auひかりの導入や、既にauひかりをご利用中なら気になるauひかりテレビサービス。多彩なジャンルのチャンネルが多数ありauひかりの人気のサービスとなっています。こちらの記事では、auひかりテレビサービスの料金について他の同様なサービスと比較しながら詳しくお伝えしますので、参考にして頂ければと思います ...

auひかりの料金

インターネット光回線でauひかりにしようかソフトバンク光にしようか迷っていませんか?こちらの記事では料金について両者を比較し、詳しくお伝えしますので、インターネット光回線選びの参考にして頂ければと思います。

auひかりの料金

auひかりの新規契約や光回線の乗り換えなどでauひかりに契約する場合インターネット回線の契約の他に低価格で高品質なひかり電話サービスも利用可能となります。 今まで使っていた固定電話から電話番号はそのままで、ひかり電話に変えることもできます。 こちらの記事ではauひかり電話も同時に契約する場合の注意点 ...

auひかりの料金, auひかりマンション

auひかりマンションタイプは非常に複雑でマンションのタイプ別での料金の違い、マンションタイプの追加された料金プランお得プランAなどわかりにくいシステムとなっていますので、その全貌を出来るだけわかりやすくまとめましたので参考にして頂けたらと思います。

auひかりの料金

auひかりは月額料金もフレッツ光より安いから乗り換えがお得!なんて記事をよく見かけますが、それは本当の情報なのかこちらの記事では公式サイトの情報をもとに詳しく比較してみなさんにお伝えしますので参考にして頂けたらと思います。

auひかりの料金

2018年3月1日より申し込み受付が開始されたauひかりホーム10ギガと4月上旬申し込み受付が開始されたNURO光の新プラン10Gbpsサービス。どちらも世界最速、上り/下り10Gbpsの光速な光回線インターネットサービスで関東エリアの一部地域での提供開始となり、気になっている方もいるのではないでし ...