niftyau-hikari

auひかりはプロバイダ@Niftyを選んでもメリットがない!は嘘だった

auひかりを申し込む場合に選択できるプロバイダのひとつに@Niftyがあります。auひかりの場合選択するプロバイダ毎の速度を含め、サービスに違いはほとんどありません。

それでは@Niftyがプロバイダに選ばれないといったうわさはどこからくるのでしょうか?

こちらの記事ではauひかりのプロバイダ@Niftyについて詳しくお伝えしますので、auひかりを申し込む場合は参考にして頂けたらと思います。

@Niftyとは

auひかりのプロバイダ@Niftyはもとは、日商岩井と富士通が出資し発足した株式会社エヌ・アイ・エフが母体でしたが、富士通の完全子会社時代をへて、2018年3月現在は株式会社ノジマの完全子会社となっています。

パソコン通信時代やインターネットの普及当初はニフティサーブとして一時代を築いていました。アラフォー世代は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

auひかりのプロバイダ@Nifty

そんな@Niftyですが、auひかりのプロバイダには選ばれない、メリットがないといった噂も広がっているようです。

auひかりを申し込む場合は公式サイトやauショップ、家電量販店などから申し込む事が出来ますが、一番お得な特典をもらえて申し込めるのはauひかり代理店からインターネットで申し込む方法が一番です。

代理店でauひかりを申し込みプロバイダに@Niftyを選択すると代理店によってはいまほど説明しました【一番お得】な状況にならない場合がありました。

先日私が取材しましたauひかり代理店NNコミュニケーションズからauひかりを申し込む場合、一番お得になるのはプロバイダにSo-netかBIGLOBEを選択した場合です。

@Niftyを選択した場合はお得とは言えない状況になってしまいますので、auひかりの申し込みでプロバイダによる違いはほとんどありませんが、どうしても@Niftyを選択したい場合は、NNコミュニケーションズ以外の代理店から申し込むことで、【一番お得】な状態となりますので、安心してください。

私もauひかりの開通で申し込みした

auひかり代理店NEXT

 信頼性抜群のアウンカンパニー

上記の代理店からauひかりを申し込む事によって【一番お得】にauひかりのプロバイダ@Niftyを選択して申し込む事が出来ます。

@Niftyとしてのキャッシュバック金額は他の人気プロバイダSo-net、BIGLOBEよりも多く設定されていますので、気合が伺えます!

プロバイダ名タイプ対象プランキャンペーン内容
So-netホームタイプずっとギガ得プランキャッシュバック
20,000円
マンションタイプお得プランAキャッシュバック
10,000円
BIGLOBEホームタイプずっとギガ得プランキャッシュバック
22,000円
もしくは
NEC製タブレット
マンションタイプお得プランAキャッシュバック
20,000円
ホームタイプずっとギガ得プランキャッシュバック
25,000円
マンションタイプお得プランAキャッシュバック
20,000円

プロバイダ毎に金額が違いますが、最終的には代理店側で調整されて、ホームタイプネット+電話の申し込みならどちらも合計50,000のキャッシュバックが貰えます。

NEXTもアウンカンパニーもauひかりの申し込みで人気の代理店ですので安心して申し込むことが出来ます。

代理店の選択肢は減りますが@Niftyを選択してもキャッシュバックが少ないといった事実は2018年3月現在ありません!

 

auひかりを@Niftyから申し込んだ場合

auひかりはプロバイダからも申し込む事が可能です。

代理店から申し込んでプロバイダに@Niftyを選択しても人気のSo-net、BIGLOBEとキャッシュバック金額などは変わりませんでしたが、@Niftyからauひかりに申し込む場合は話が変わってきますので注意が必要です。

@Niftyからauひかりを申し込んだ場合の特典はどこで申し込んでも適用されるKDDIauひかりの公式キャンペーン+以下の内容となります。

キャッシュバック詳細
キャッシュバック金額
ホームタイプ
10,000円
キャッシュバック金額
マンションタイプ
10,000円
キャッシュバック申請方法回線開通後
振込先口座の登録
専用WEBページ
キャッシュバック受取時期開通月を含む8カ月目
プロバイダ詳細@Niftyの詳細はこちら
POINT

@Niftyからauひかりを申し込んでしまった場合はキャッシュバック金額が代理店で申し込む場合の1/5になりますので注意してください。

 

@Niftyの口コミ評判

ほとんどの口コミが速度についての評判でした。やはり光回線なのですから実際に光速で通信できることがひつようですね。

関心は速度にあるようです。

こちらは光コラボとの比較のようです。

フレッツ光との比較が多いですが、ほとんどauひかり@Niftyで問題なく高速通信が可能なようです。

 

auひかりの通信速度について少し

auひかりの通信規格はIPV6、4デュアルIPoE方式でフレッツ光のほとんどの人が加入、利用していると想定できるPPPoE方式とは異なります。

フレッツ光の速度が遅い原因は正にこのPPPoE方式でインターネットに接続ID、PASSを必要とする場合はPPPoEです。正直鈍足極まりないです。

その為auひかりはプロバイダに関係なく高速通信が可能です。

 

プロバイダに@Niftyを選択しても快適&お得!

結論です。

auひかりの場合、プロバイダの本質サービスの違いは各社ほとんどありません。そしてauひかりを申し込んでもらえる高額なキャッシュバック特典もかわりません。

更に高速通信も可能です!口コミや技術的な部分から結果がでています。

マンションタイプの契約の場合タイプFには対応していません。

ただ一つプロバイダ@Niftyからauひかりを申し込んだ場合は悲しい結果になりますので気をつけてください。

もう一点、究極なお得度を求める場合@Niftyを選択すると、利用料金で貯まるポイントの利用が限定されます。他のポイントに交換不可能なのです。(auポイントは可能)

その点So-net、BIGLOBEは他のポイントに交換も可能です。

年間数百円の違いですが、ポイントコレクターは考慮しましょう!