auひかりキャッシュバック比較サイト

高額キャッシュバックをもらってauひかりをお得に始める情報サイト

auひかり

auひかりは工事費が無料!その内容を詳しく解説

更新日:

auひかりをを自宅に開通させる場合に必ず必要になってくる回線工事。auひかりを引く場合はこの工事費が実質無料となります。

 

一昔前の光回線がまだ普及していない頃、どこの回線事業者も工事費無料のキャンペーンを行っていましたが、最近はどこの家庭もひかり回線でのインターネット環境が普及してしっかりと工事費が必要になってきています。

 

auひかりも昔のように何の条件もなしに無料とはなりません。いろいろ制約や条件があったりします。

 

こちらの記事ではauひかりの工事費が実質無料となるしくみを詳しくお伝えしますので参考にして頂けたらと思います。

 

 

もともとのauひかり回線工事費について

 

結構大々的にauひかりでは初期工事費無料キャンペーン!なんてやってますのでこれからauひかりに加入する方は

 

auひかりはキャンペーンで初期工事費は無料だから安心してます

 

なんでもかんでも無料って訳ではないからもともとの工事費用などもふまえて説明するね

 

初めに必要な工事費の内訳です。

auひかりホームauひかりマンション
初期工事費37,500円30,000円
分割払いの場合1,250円×30ヵ月1,250×24ヵ月
登録料3,000円3,000円

 

こちらの初期工事費が割引となります。auひかりの登録料はどうしても3,000円かかってきます。

 

初期工事費が0円になるしくみ

 

auひかりの登録料もそうですが、初期工事費も実際はしっかりと請求されるのです。

auひかり工事費請求

 

初期工事費用は無料じゃなかったの?

 

この初期工事費無料は非常に分かりにくいシステムになっていて、ぱっと見は勘違いする人も多いと思います。

 

KDDIからの請求明細書

auひかり工事費割引

 

 

So-netからの請求明細書

工事費割引So-net

 

上の写真の赤枠の所を確認していただけると、月額基本料金割引となっているのがわかると思います。

 

合計で1,250円の割引となっていて、これが30ヵ月マンションなら24ヵ月続く初期工事費相当額の割引=初期工事費無料の内訳です。

 

私は理解するのに30分かかりました。

 

非常にまわりくどく、わかりづらいですね。これは初期工事費が分割で1,250円かかるのですけど、同等額を月額基本料金から割引されていますので、実際は工事費が無料となるシステムです。

 

なぜこんなことになってるかといいますと、代理店のキャッシュバックキャンペーンや乗り換え時の違約金負担、更には初期工事費の割引など手厚い乗り換えの為のキャンペーンを行っていますので、簡単に契約後にすぐに解約されてしまうようでは、auひかりの採算が合わず、最低でもホームなら3年、マンションなら2年auひかりを使ってほしいということですね。

 

実際は私が契約してから現在まで契約時とauひかりのインターネットの速度はかわっていません。私は速度重視派なので現在の所auひかりを解約する理由は見当たりません。

 

3年かけて徐々に速度が低下し、環境が悪くなっていくようであれば検討の必要がでてきますが。

 

初期工事費無料の注意点

 

もう気づいたかもしれませんが、割引はネットと電話で分かれています。

 

auひかりのホームページでも【最大】の記載がある通り、もしネットだけの契約の場合は750円×30ヵ月となりますので完全に工事費が無料となりません。工事費無料!とは公式サイトに記載はないですからね。

 

もう一点は30ヵ月をかけて割引されますので途中で解約した場合はその他の途中解約違約金とこの初期工事費の残債が残ってきますので工事費の相殺が必要です。

 

ネット環境だけの方もいると思いますので、あれ工事費無料じゃ?とならないように参考にして頂けたらと思います。

 

実際の工事を行っていなくても工事費は必要

マンションなどで、既に外部と内部にもauひかりの配線設備がきている所もあります。

 

その場合工事はほぼ不必要ですが、工事費はしっかりと掛かってきます。

 

そして、月額基本料金から値引きされ、実質無料といった具合です。工事してないんだから割引だけ適用のはず!といったことはありません。

 

でもauひかりは私のおすすめ回線

 

新規契約や、他社からの乗り換えであったりauひかりは申込前に、あなたの環境や、必要としているサービスで確認や注意事項などがありますが、現時点での一番のおすすめ回線です。

 

注意点や他社同様の途中解約違約金などはありますが、事前に確認することによって、開通後のこんなはずじゃなかったを回避できますし、実際に利用して私は不満がありません。

 

なによりサービスの本質、通信速度での不満がでることは圧倒的にフレッツ光系を契約した場合より少ないでしょう。

 

住んでいる地域によって違いはあるかと思いますが、その場合でも速度面でフレッツ光を選ぶより、はるかにリスクは少ないです。

 

そして現在は乗り換えに有利なサービスやキャッシュバックが盛りだくさんです。

 

あなたの環境に合わせて、失敗しないよう回線事業者を選んで頂けたらと思います。

 

auひかりの最もお得な申し込み方法はこちらの記事で詳しくお伝えしてますので是非参考にして頂けたらと思います。

auひかりの申し込み方法!私が実際に申し込んだお得な方法を紹介

AUひかりのキャッシュバックキャンペーンの申し込みについては現在インターネット上で様々な情報が発信され私たち、本当の消費者からしたら情報があ ...

続きを見る

NURO光エリア拡大!

NURO光エリア拡大関西東海 1

ソニーネットワークコミュニケーションの世界最速nuro光が、提供可能エリアを拡大しました。   新たにNURO光が提供可能となった ...

2

提供エリアが拡大され、関西エリア、東海エリアでも申し込みが可能となったNURO光ですが、申し込み先を間違えると後々もらえるはずだったキャッシ ...

3

回線速度を重視している私はフレッツ光からauひかりに乗り換えましたが、NURO光の提供エリア内であれば間違いなくNURO光に乗り換えていまし ...

-auひかり
-, ,

Copyright© auひかりキャッシュバック比較サイト , 2018 All Rights Reserved.