2018年8月16日より当サイトで紹介のauひかり優良代理店NNコミュニケーションズ、アウンカンパニー、NEXTよりプロバイダにBIGLOBEを選択してauひかりを申し込むとキャッシュバック55,000円!更に他社からの乗り換えで違約金が発生する場合は上乗せキャッシュバック+25,000円!驚愕の合計80,000円のキャッシュバック!!2018年9月30日までの期間限定!auひかりに乗り換えて80,000円ゲット!詳しくはTOPページ参照

auひかりマンションの料金やお得プランAの内容を詳しく解説

インターネット回線をauひかりと考えた場合、住んでいる建物によって契約できるプランも違ってきます。auひかりは大きく分けて戸建て住宅が対象のホームタイプ、集合住宅が対象のマンションタイプがあります。

 

こちらの記事では集合住宅にお住いのあなたにauひかりマンションタイプの料金プランマンションタイプを導入する方法などを詳しくお伝えしますので参考にして頂けたらと思います。

 

auひかりマンションタイプが契約可能か調べる方法

 

auひかりのマンションタイプに契約する場合住んでいる集合住宅でauひかりマンション設備が導入されているかの確認が初めに必要になってきます。

 

ここ数年で入居した場合は集合住宅に入居の際の案内にインターネットについての資料が添付されている場合も多いので確認してみると良いでしょう。

 

またインターネット上でも簡単に調べる事が可能ですのでその手順をご紹介します。

auひかりの私も契約しているSo-netの公式ページから簡単にauひかりマンションタイプ対応の集合住宅か確認ができますので、以下のリンク先からSo-netの公式ページに移動できます。

So-netの公式ページはこちら

 

So-net公式

 

この様なページにでますので下にスクロールしてください。

 

auひかりエリア確認

 

こちらの画面が表示されましたら住んでいる集合住宅の郵便番号、マンションタイプ、最後に提供エリアの確認のボタンを押します。

 

auひかりマンションエリア確認

 

住んでいるマンションが表示されていましたら選択しますと下部に黄色のエリア判定ボタンが表示されますので押してください。

住んでいるマンションが表示されていない場合は該当なしを選択してください。

 

auひかりマンションエリア確認1

 

判定結果と住んでいるマンション、集合住宅で契約可能なプランが表示されますので、マンションタイプへの加入が可能となります。

 

もし、住んでいるマンション、集合住宅が表示されない場合はマンションタイプでの契約は出来ません。

 

戸建て同様の高さの場所3階建てまでに住んでいるのであれば、auひかりマンションタイプが導入不可能でも、ホームタイプを導入できる可能性がありますので住んでいる集合住宅の管理者や所有者とauひかりを申し込む取次店などに確認してみてください。

 

auひかりマンションタイプのプラン内容

 

提供マンション判定で提供可能なマンションタイププランが確認できましたら、それぞれの内容を以下にまとめましたので、確認してみてください。

 

auひかりマンション月額料金下り最大速度特徴標準プラン

契約期間

契約解除料

お得プランA

契約期間

お得プランA

契約解除料金

お得プランA

オプション

タイプV163,800円100MbpsVDSL方式なし2年自動更新7,000円おうちトラブル

サポート

(月額400円)

各タイプ別料金に

含まれている

タイプV84,100円100MbpsVDSL方式
都市機構型DX3,800円100MbpsVDSL方式
タイプE163,400円100Mbpsイーサ方式
タイプE83,700円100Mbpsイーサ方式
マンションギガ4,050円1Gbps導入集合住宅はまだ少なめ
マンションミニギガ5,000円1Gbps
タイプF3,900円100Mbps光ファイバー方式

 

こちらのサイトでご紹介しているお得な高額キャッシュバックがもらえるauひかり代理店での申込の場合でマンションタイプのキャッシュバック条件が、お得プランAに加入する事が各代理店で必須となってきていますので、お得プランAについて詳しくお伝えします。

 

マンションタイプのお得プランAとは

 

マンションタイプで加入する事ができるプランには標準プランとお得プランAがあります。

 

マンションタイプのお得プランAはインターネットサービスのプランでプロバイダーに【au one net】【BIGLOBE】【So-net】を選択する場合にお得プランAに加入が出来ます。他のプロバイダーを選択の場合は標準プランのみとなっています。要はプロバイダーが負担する部分ですね。

 

また、マンション一括型、都市機構16M、沖縄ちゅらはお得プランAの対象外となっています。

 

お得プランAと標準プランは同じ月額利用料金となっていて、お得プランAの方が【おうちでトラブルサポート】が付属している分お得とも言えますが、標準プランでは無い2年縛りがあります。

 

契約途中で解約した場合は違約金が7,000円必要になってきます。そんなに頻繁にインターネット回線を変更する方は少ないかとおもわれますが、高額キャッシュバックだけが目的な加入者の途中解約の対策でできたプランのようにもおもえます。

 

キャッシュバックが高額なBIGLOBEかSo-netもしくは@niftyでの加入がおすすめですが、キャッシュバック条件にお得プランAの加入が必須となっている場合がありますので、申し込みの際は確認してください。

 

2017年11月からはマンションタイプの標準プランではプロバイダーのキャッシュバックがお得プランAより減額されることが決定しています。

 

お得プランAのおうちトラブルサポートとは

 

マンションタイプの新プランお得プランAの【おうちトラブルサポート】とはどんなサービスなのかをご紹介します。

 

日常生活での緊急トラブルの時に、電話1本で24時間、365日駆けつけします。

何度でもご利用いただけます。(24時間/365日の専用コールセンターが受付)

サービス内容(概要)料金

おうちのトラブル

出張料・作業費は無料
トイレの詰まり

水漏れ

家の鍵の紛失/破損

給湯器の故障

ガラスの破損

60分以内(建具調整は30分以内)の作業が無料

これを超える場合、または追加の作業、部材費が

発生する場合については、お客様の実費負担となります

ハウスクリーニングの取次

取次は無料 作業費は有料です

オプション料金:400円/月

加入月、解約月の日割り計算はありません。

料金の設定はありますが、マンションタイプ通常プランと同額でお得プランAのこちらのサービスが利用できます。

 

なんか凄いサービスです。。。

トイレの詰まりは実費負担するような部品も必要ないので良いかもしれません。

 

プラチナクラスのクレジットカードでもなかなかこのような実際に駆けつけるサービスは行っていません。

 

マンションタイプの通信速度について

 

表の特徴の覧に記載しましたが、マンションタイプで一番普及してるであろう接続方式はVDSLと呼ばれる方式です。

 

vdsl配線方式
https://flets.com/

 

マンション内の共用スペースまでは光ファイバーがひかれています。そこからかく宅内まではメタルケーブルで分配する方式となっていますので、マンションタイプの料金は安いですが、物理的に光ファイバーよりは通信に劣化があり、ホームタイプ同等の速度は期待できなくなってしまいます。

 

イーサ方式についてはメタルケーブルとかわってLANケーブルで各宅内まで配線されています。メタルケーブルよりは、通信が安定するでしょう。戸建てで各部屋にLANケーブルを配線するのと同じ理屈です。

 

LANケーブルも長さが長くなると速度の低下や通信の劣化があります。共用部の設置箇所に近い場合は比例して通信状態もよくなります。

 

マンションタイプFやマンションギガなどでは、マンション宅内まで光ファイバーで配線されていますので、ホームタイプ同様の通信速度などが期待できます。最近の新築物件の場合はこちらの配線方式が期待できます。

 

auひかりマンションタイプが導入できない場合

 

冒頭でも少しふれましたが、3階建てまでのアパートや小規模な集合住宅の場合は、所有者の同意のもと、マンションタイプが導入できない場合はauひかりホームタイプが導入できる可能性がありますので検討してみてください。

 

どの条件もあなたの環境に当てはまらない場合はauひかり自体を断念せざるを得ません。

 

世間で一番普及しているであろうNTTのフレッツ光マンションタイプが導入されている集合住宅のほうがauひかりより断然多いので、もしフレッツ光が導入されているようでしたら、回線速度が必要な場合IPV6での契約をおすすめします。

 

各地でフレッツ光の通常契約IPV4は鈍足の口コミや速度測定結果や統計がでていますので、おすすめできません。

 

以上のようなことを参考にしながら、auひかりマンションタイプが導入可能な場合は、こちらの記事で高額キャッシュバックももらえるauひかり代理店を比較紹介していますので参考にして頂けたらと思います。