auひかりマンションタイプの料金

auひかりマンションの料金を詳しく解説!マンション設備で違う料金

auひかりマンション

auひかりの分かりにくいマンションタイプの料金を詳しくお伝えします。公式サイトではいまいち理解できない!auひかりのマンションタイプの料金は他社回線と比べて安いの?といった疑問を解決できるかと思いますので、是非参考にして頂ければと思います。

 

auひかりをマンションで始めるには

auひかりマンション配線構造

始めに前提としてマンションや集合住宅でauひかりを始めるには、その建物にauひかりの設備機器が導入されている必要があります。

どのマンションでもauひかりを申し込めるわけではないのですね。

図ではauひかりの設備があるマンションを表していますが、マンション共用部に来ているインターネット回線がフレッツ光ならフレッツ光の利用が可能になるわけなのです。

もし、何もない状態ならインターネットを利用するのは難しいと考えた方が良いでしょう。

マンションに引っ越すとauひかり設備有り!とかフレッツ光設備有り!料金は○○○円!なんてチラシや回覧が来ることがあったり、また最近では入居の際にインターネットの設備を案内しているマンションがほとんどです。

マンションや集合住宅に住んだ経験が無い場合は何の話?好きなインターネット回線引きますけど?みたいな戸建住宅の概念がありますから正直意味がわかりませんし、ただの光回線の押し売りにも感じます。

実はそういった類ではなく、勝手にauひかりを導入したくても出来ない仕組みなので、案内のあるインターネット回線しか利用できませんよ。といった案内なのですね。

auひかりの料金を調べる前に、お住いのマンションでどこのインターネット回線が利用できるかを調べる必要があるのです。

auひかりが導入されていないなら、auひかりマンションの料金を調べる必要もなくなるって話ですね。

概ね入居時の案内やチラシ、何が導入されているかは管理している不動産屋もしくは大家さん等に電話で聞くとすぐにわかります。

auひかりのマンション設備の導入については、公式サイトからも調べる事が可能ですが、auひかりが導入されているマンションを調べそのマンションに引っ越すといった方も少数でしょうから、実際は電話で聞くのが一番です。

マンション管理者に聞くのもなんだかな~といった場合は有効ですね。

auひかり公式エリア検索

 

auひかりマンションで利用する際に係る費用

お住いのマンション・集合住宅にauひかりの設備が導入されていることがわかりましたら、是非参考にして頂ければと思います。

そこで、配布されていたチラシをみてあーここに申し込めば良い訳ね!となるかと思いますが、大体はネットから代理店を通して申し込む特典よりもずーっと設定が低い特典ですから慌てないでくださいね。

auひかりのマンションタイプの申し込みは色々なところから申し込める仕組みになっています。

チラシに記載されている業者からも申し込む事が可能ですが、auショップや家電量販店、インターネットから代理店を通して申し込んだり、色々選択肢が有るわけなんですね。

そして、申し込み特典としてキャッシュバックがあるのですが、大体チラシの業者ではそんな特典ありません。

こちらでは、インターネットからKDDI指定の正規代理店から申し込むと一番得をすると覚えておきましょう。

 

auひかりマンションの初期費用

auひかりをマンションで始める際には以下の初期費用が必ず発生します。

契約事務手数料:3,000円(税込3,300円)

工事費用:30,000円(税込33,000円)

Left Caption
え?マンションに設備来てるんだけどまだ工事費かかるの?

って話なんですが、かかります。結局はマンション設備の維持費等に利用されているのでしょう。

工事費は30,000円(税込33,000円)一括で支払う方法と1,250円(税込1,375円)×24回で支払う方法どちらかを選ぶことができます。

 

auひかりマンションの月々の利用料金

こちらが少し難しく、公式サイトを見ても良くわからない!となっている料金形態です。

auひかりマンションの料金はプランとタイプで区分されているのです。

混乱する原因ですね。

 

auひかりマンションの料金プラン

それでは料金プランの方からお伝えしていきますね。

料金プランには以下の2つがあります。

お得プランA

標準プラン

ホームタイプで言うところのずっとギガ得プランやギガ得プラン等と同類の料金プランです。

プランの名前や内容が違うのですが実は料金、どちらも同額の料金なんですね。

同じ料金の両プランは何が違うのか?以下の様な内容になっています。

 お得プランA標準プラン
指定契約期間2年の自動更新なし
おうちトラブルサポート附帯なし
途中解約違約金7,000円
(税込7,700円)
なし
初期登録料3,000円
(税込3,300円)
3,000円
(税込3,300円)
工事費30,000円
(税込33,000円)一括
or
1,250円
(税込1,375円)×24回
30,000円
(税込33,000円)一括
or
1,250円
(税込1,375円)×24回
月額料金同一同一

お得プランAの内容

お得プランAにはおうちトラブルサポート通常400円(税込440円)/月がセットで含まれていながら、標準プランと料金は同じになるお得なプランです。

そしてキャッシュバックキャンペーン等の条件として設定されているプランがお得プランAで標準プランには設定されていない2年契約が設定され、自動更新となります。

おうちトラブルサポートの詳しい記事を見る

 

auひかりのマンションタイプの種類

auひかりのマンションタイプには大きく分けて以下の10種類ものタイプが存在します。

主にマンション内の各住戸に分配される配線が何かによってタイプ分けされています。

タイプV・タイプGauひかりマンションタイプV
タイプEauひかりマンションタイプE
マンションギガauひかりマンションギガ
マンションタイプ下り最大速度配線方式
タイプV16100MbpsVDSL方式
タイプV8100MbpsVDSL方式
タイプV16
G契約(タイプG)
664MbpsVDSL方式
G.fast
タイプV8
G契約(タイプG)
664MbpsVDSL方式
G.fast
都市機構型DX100MbpsVDSL方式
タイプE16100Mbpsイーサ方式
タイプE8100Mbpsイーサ方式
マンションギガ1Gbps光ファイバー方式
マンションミニギガ1Gbps光ファイバー方式
タイプF100Mbps光ファイバー方式

auひかりのマンションタイプは住んでいる、住む予定のマンションに導入されている設備機器で区分され、

Left Caption
マンションギガ速そうだからマンションギガで!

とはいかないのですね。マンションに導入されている機器で決まってしまうので、かなり自由度が低くなってしまいます。

これはauひかりに限らず、どの光回線でも言える事でマンション、集合住宅ではインターネット回線の自由度が制限されてしまうのですね。

新しく導入されたauひかりマンションタイプGは既存のVDSLを利用した高速通信を期待できるプランです。マンションタイプGについては以下の記事で詳しくお伝えしていますので、参考にして頂ければと思います。

auひかりマンションタイプGの詳細記事を見る

 

auひかりマンションタイプ別料金

マンションタイプ下り最大速度配線方式月額利用料金
タイプV16100MbpsVDSL方式3,800円
(税込4,180円)
タイプV8100MbpsVDSL方式4,100円
(税込4,510円)
タイプV16
G契約(タイプG)
664MbpsVDSL方式
G.fast
3,800円
(税込4,180円)
タイプV8
G契約(タイプG)
664MbpsVDSL方式
G.fast
4,100円
(税込4,510円)
都市機構型DX100MbpsVDSL方式3,800円
(税込4,180円)
タイプE16100Mbpsイーサ方式3,400円
(税込3,740円)
タイプE8100Mbpsイーサ方式3,700円
(税込4,070円)
マンションギガ1Gbps光ファイバー方式4,050円
(税込4,455円)
マンションミニギガ1Gbps光ファイバー方式5,000円
(税込5,500円)
タイプF100Mbps光ファイバー方式3,900円
(税込4,290円)

auひかりマンションの料金は表のようになっています。プランよりマンションのタイプ別で料金がかわるシステムとなっています。

V16の16は契約者数となっていて大きなマンション、集合住宅の場合は16契約以上のタイプが適用されます。

お伝えしましたエリア検索にて、マンションの申し込めるタイプも表示されますので確認しておくと良いかもしれません。

auひかりマンションの料金はマンションに導入されている設備機器のタイプで決定され、お得プランAもしくは標準プランとしての契約になります。

例:タイプV16のお得プランA

auひかりを申し込む際の各種キャンペーンやキャッシュバックはほとんどが、お得プランAの指定がありますので、2年縛りでもお得プランAを選んだ方が良いでしょう。

auひかりキャンペーンの詳細記事を見る

 

auひかりマンションのひかり電話料金

ひかり電話の料金は500円(税込550円)/月となっています。

スマホとセットでお得なauスマートバリューを利用するにはauひかりのひかり電話が必要になりますので、不要でも申し込んでおいた方がお得な状況もあります。

他社の違約金を還元してくれる新スタートサポートをマンションで利用する場合にも光電話と電話オプションパック(500円<税込550円>/月)の加入が必須条件となっていますので、乗り換えでauひかりに申し込む予定であればタイプ別の料金+1,000円(税込1,100円)が必要と考えておくと良いでしょう。

 

電話オプションパック

電話オプションパック

電話オプションパックとはひかり電話で利用できる付加サービスでauひかりマンションでは以下のようなサービスがまとめて500円(税込550円)/月で利用できるお得なパックです。

割り込み通話 300円(税込330円):キャッチホン

発信番号表示 400円(税込440円):ナンバーディスプレイ

番号通知リクエスト 200円(税込220円):音声ガイダンス応答にて番号表示をアナウンス

割り込み番号表示 100円(税込110円):割り込み通話の着信番号を表示

着信転送 500円(税込550円):指定の番号にかかってきた電話を転送

これらのサービスまとめて1,500円(1,650円)/月のところ500円(税込550円)/月になります。

 

公式キャンペーンで工事費が実質無料

auひかりマンションタイプの料金をご紹介してきましたが、全て実質負担する必要があるわけではありません。

初期費用でかかる工事費につきましてはauひかりの公式キャンペーンで2年の利用で実質無料となります。

工事費24回分割の金額1,250円(税込1,375円)と同額が毎月の利用料金から割引されるのです。

auひかり工事費の詳細記事を見る

 

auひかりマンションの料金まとめ

auひかりマンションの料金はマンションに導入されている設備機器で決まってしまいます。

言い返せば住んでいるマンション・集合住宅によって既に利用できる回線が決まっています。

運良くauひかりが導入されている場合や導入されているマンションに引っ越すことになれば、他社回線に比べて高額なキャッシュバックや、高品質な光回線を利用できることになるかと思います。

始めにお伝えしましたが、auひかりがマンションに導入されているなら一度チラシの業者で申し込む場合と、以下のページで詳しくお伝えしているインターネットからKDDI指定のauひかり代理店からの申し込みの場合の特典を比べてみる事をおすすめします。

同じauひかりマンションタイプを申し込むのにきっと天と地ほどそのキャンペーン特典のキャッシュバックに違いがあることがおわかりいただけるかと思います。

auひかりキャッシュバックの詳細記事を見る

あなたに最適なauひかりの申し込み先診断

auひかりの申し込みでもらえる特典のキャッシュバックを重視した診断テストです。auひかりのキャッシュバックはあなたが必要としている環境によって一番お得な申し込み先が変わります。概ねの情報サイトではひっくるめて紹介されていますが、当サイトではキャンペーンを細かく分析していますので、あなたに最適な結果をお伝えする事が可能となっています。

※auひかりの申し込みで選べる特典商品のWiFiルーターやニンテンドースイッチなどの特典を考えている場合は正確な診断結果にならないことがあります。

Q1
auひかりの設置予定エリアは?