auひかり引越し

auひかりは引越しで工事費が必要?オトクに引越す為の全知識

auひかりキャンペーン

auひかりに満足していても、引っ越しで同じ住所で使い続けられなくなることはありますよね。

もし引っ越し先でもauひかりを使い続けるなら引越しの手続きをすることになりますが、この時違約金や工事費の残額などの費用が一体どうなるのか気になりますよね。

不可抗力の引っ越し手続きで光回線で高額な費用が掛かるのはやはり避けたいです。

ここではauひかりを引っ越し先で使い続けるための手続き方法や、その時どんなキャンペーンを利用することが出来どれくらいの費用がかかる可能性があるのか、また今は違う光回線を利用中だけど引っ越し先ではauひかりを利用したい!などを詳しくお伝えしますので是非参考にして頂ければと思います。

 

auひかりの引越し手続きの方法

auひかりを引っ越し先でも引き続き使い続ける場合一旦解約の手続きをして次に新しい住所で再契約になるのかなと思うかもしれません。

でも引っ越しの場合には引越し専用の手続きの手順がありますので、早まって解約手続きしてしまわないようにしてください。

auひかりの引っ越し手続きはプロバイダ毎に違い、引っ越しの手続きには1か月くらいかかるので、新しい住所が決まったらできるだけ早く手続きを始めたいですね。

 

利用中のプロバイダが au one net の場合

auひかりの引っ越し手続きの手順はプロバイダによって方法が違うのですが、まずはプロバイダがKDDIが提供する au one net だとどうなるかチェックしましょう。

まずはauひかりホームページのお引越し情報入力フォームに記入しましょう。

au one net公式引っ越し情報入力フォーム

入力フォームを送信したら au one net から電話がかかってきます。

引っ越しに関する打ち合わせが終わったらその後改めて新しい住所での初期工事の日にちと新しい電話番号の通知があります。

必要な機器が届き工事が完了すれば新しい引っ越し先でauひかりが使えるようになりますよ。

 

au one net以外のプロバイダを利用している場合

KDDIが提供する au one net 以外のプロバイダを利用している場合、引っ越しの手続きは各契約のプロバイダ経由で行うことになります。

auひかりの各プロバイダでの引っ越し手続きの方法をここにまとめておきます。

@niftyの場合 会員サポートページから一旦解約後、新しい住所で加入手続き
@nifty会員サポート公式ページ

So-netの場合 会員サポートのホームページから引っ越し手続き
So-net会員サポート公式ページ

@T COMの場合 会員サポートのホームページから引っ越し手続き
@T COM会員サポート公式ページ

ASAHIネットの場合 会員サポートページから一旦解約後、新しい住所で加入手続き
AsahiNet会員サポート公式ページ

BIGLOBEの場合 BIGLOBEの引っ越し相談窓口に電話する
(0120-92-1740:年中無休9時から20時)

DTIの場合 DTI会員用引っ越し専用ダイヤルに電話する
(0570-00-4740:平日の10時から17時)

Linkclubの場合 リンククラブお問い合わせ窓口に電話する
(03-5778-3881:平日の10時から17時)

ネットで手続きできるところや電話でしか受け付けていないところなど様々なので、よく確認するようにしてくださいね。

各プロバイダとも新しい住所での工事費を相談して決め、その後工事や機器の設定を経て新住所でauひかりが開通することになります。

 

auひかりの引っ越しに工事費や違約金はかかるの?

auひかりを引っ越しに伴って解約する場合でも、契約解除料や初期工事分割払いの残額それに撤去工事費といった費用が一旦は発生します。

そしてこの発生した費用を払わないといけないかどうかはプロバイダによって対応が変わってくるんです。

解約に伴う費用の内訳は以下の様になっています。

契約解除料ずっとギガ得プラン15,000円 ギガ得プラン9,500円 お得プランA7,000円 お得プラン9,500円
分割払いの工事費残額初期工事分割払いの残額 ホームタイプ37,500円/625円の60回払い マンションタイプ30,000円/1,250円の24回払い それぞれの残額を一括支払い
回線撤去費用撤去工事費 28,800円

auひかりで契約しているプロバイダによって引っ越し時に発生する費用に違いがありますので、順番に詳しくお伝えしますね。

 

プロバイダ毎の引っ越しに係る費用

プロバイダにau one netを利用している場合は契約解除料や撤去工事費は請求されず、工事費の残高については請求されはするものの新住所で回線が開通後一括で割引してもらえることになっていますよ。

ただギガ得プランやもっとギガ得プランといった長期契約割引を利用している場合、新し住所でも同じプランを利用しないといけないという条件があるので気を付けてくださいね。

au one net以外のプロバイダを利用している場合は、引っ越しで契約解除料などの費用が掛かるかどうかはプロバイダのキャンペーンによります。

auひかりのプロバイダでは引っ越しに伴って下記のようなキャンペーンを実施していますよ。

@nifty:契約解除料、初期工事費残額、撤去工事費を補償

So-net:契約解除料、初期工事費残額、撤去工事費を補償

@T COM:TLCポイントが5,000ポイントもらえる

AsahiNet:カスタマーサービスから電話加入で契約解除料、初期工事費残額、撤去工事費補償

BIGLOBE:月額料金値引きに加えて契約解除料、初期工事費残額、撤去工事費を補償

DTI:初期工事費残額は支払いが必要、契約解除料、撤去工事費は負担不要

Linkclub:記載無し

利用しているプロバイダが契約解除料や初期工事費用の残額それに撤去法事費を補償する仕組みをとっている場合は、引っ越しに伴う費用は掛からないことになります。

引越しによる解除料金などの割引を行っているプロバイダでも、ずっとギガ得プランやギガ得プランを利用していた場合は引っ越し先でも同じように利用しないと違約金が請求されるので注意してくださいね。

 

新しい住所の工事費用はどうなるの?

古い住所でかかる費用についてはわかりましたが、新しい住所でかかる費用、特に初期工事費はどうなるのでしょうか?

auの初期工事費は高額なので気になる人も多いのではと思います。

でも引っ越し先の工事費は初期費用相当額割引キャンペーンを利用すると月々の利用料から分割で割引きされるので実質無料になりますよ。

割引方法は毎月の工事費の分割支払い額と同額で以下の様になっています。

ホームタイプ 625円 × 60か月 = 37,500円

マンションタイプ 1,250円 × 24か月 = 30,000円

ただこの割引を受けるにはネットだけでなくauひかり電話にも同時に加入する必要があるので注意してくださいね。

POINT引越し先でも工事費が実質無料になるキャンペーンは新しく利用する事が出来る。

 

auひかりを解約してから再契約する方がお得?

もしかすると引っ越しの手続きをするのではなくauひかりを解約してから新しく契約する方がお得になるのではと考える人もいるかもしれません。

auひかりの代理店は新規加入で高額のキャッシュバックを行っているのでどうしても気になってしまいますよね。

ここでは引っ越しの手続きか解約してから新たに契約するかどちらの手続きがよりおすすめか一緒に考えていきましょう。

 

auひかりの解約でかかる費用

まずはauひかりを解約するときにかかる可能性がある費用についてです。

auひかりの解約費用

契約解除料 ずっとギガ得プラン15,000円 ギガ得プラン9,500円 お得プランA7,000円 お得プラン9,500円

初期工事分割払いの残額 ホームタイプ625円の60回払い/37,500円 マンションタイプ1,250円の24回払い/30,000円

撤去工事費 28,800円

最低利用期間が設定されている申し込み先窓口のキャッシュバックキャンペーンを利用した場合は申し込み先独自の違約金が請求される可能性があります。(代理店等からの申し込み)

契約解除料は2年契約自動更新のギガ得プランか3年契約自動更新のずっとギガ得プランを利用している場合にかかります。

契約更新月に解約した場合はこの契約解除料がかからないのですが、引っ越しのタイミングに上手く合うかどうか考えると結構難しいものがあるのではないでしょうか。

契約更新月は2年契約の場合25か月目と26か月目、3年契約の場合37か月目と38か月目で、これが2年・3年周期で続いていきますよ。

工事費残額については支払いが終わっている場合は気にしなくても大丈夫です。

また工事費については支払期間中だけどキャンペーンで割引になっている場合もあると思います。

工事費割引は解約した時点でそれ以降は支払いが発生することになり、残額分きっちり請求されることになるので注意してくださいね。

撤去工事についてはauひかりの場合義務なので撤去工事費は絶対かかってくる費用になりますよ。

そう考えると多くの場合で5万円前後の解約に伴う費用が発生することになります。

 

auひかり新規加入時のキャンペーン

auひかり代理店のキャッシュバックは他の光回線の代理店のキャッシュバックと比べてもかなり高額です。

ネットだけの契約で最高45,000円、ネットと電話で最高52,000円のキャッシュバックはやはり気になります。

ただ再契約の場合新規契約のキャンペーンを受けることができない可能性が高いです。

契約者の名前を変える等の対策をするなどすると大丈夫な場合もあるのですが、これも絶対とは言えません。どうしてもグレーな部分になってしまいます。

そもそも1人暮らしの場合だと他の名義で契約するなんてできないですよね。

もし代理店のキャッシュバックで相殺できるのを当てにして契約解除料などの費用を払ったとして、再契約でキャッシュバック適用外になった場合かなりの額の負担が発生してしまいます。

危ない橋を渡るくらいなら確実な引っ越し手続きの方がいいのではないでしょうか。

そして何よりも、解約に係る費用が新規で契約する時のキャンペーン特典と概ね同額となってしまいます。

これでは全くメリットが存在しませんよね。

 

引っ越しを機会にauひかりを新しく契約したい場合

中には現在他の光回線を利用中で引っ越しを期にauひかりに乗り換えたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

この場合は今使っている回線を解約したうえで新しい住所でauひかりを申し込んでください。

申し込んでから開通までに1か月程度かかるので、引っ越し先が決まったら早めに申し込んで工事の日などを決めておきたいですね。

 

初期工事費はキャンペーンで月々の支払から分割割引

auひかりを利用するには初期工事をしないといけません。

これまでにも何度か触れましたがホームタイプで37,500円、マンションタイプで30,000円の工事費用が掛かります。

ただネットと一緒にauひかり電話に加入した場合は、月々の支払から分割で工事費用分を割引してもらえます。

ホームタイプ 625円 × 60か月 = 37,500円

マンションタイプ 1,250円 × 24か月 = 30,000円

実質無料になるということで、初期費用に関してはあまり問題なさそうです。

auひかりの工事費が無料になる詳しい記事を見る

 

au新スタートサポートは適用外

引っ越しに伴い解約した光回線で違約金や工事費の残額などを請求されることもあるでしょう。

auでは乗り換えで発生する違約金などの費用を補償してくれるau新スタートサポートを行っているものの、これは前の回線と同じ住所でauひかりを契約しないと利用できないんです。

引っ越し先で新しくauひかりを契約する場合は違約金や工事費残額などは自腹になってしまいます。

 

申し込み先を工夫し高額キャッシュバックを受け取ろう

解約する今のインターネット回線で違約金や撤去工事費などが発生してしまった場合でも引っ越し先で利用するauひかりの申し込み先を工夫する事でかかった違約金等の費用を相殺できる可能性もあります。

auひかりプロバイダー

auひかりは加入時のキャンペーン特典が手厚く、高品質な光回線として知られていますが、KDDIauひかりのau one netを含む8社のプロバイダから直接申し込んでしまっては、キャンペーン特典がかなり少なくなってしまいます。

auひかりの申し込み先窓口を工夫して代理店などから申し込むことで高額なキャッシュバックを期待する事ができます。

auひかりを代理店のキャッシュバックはネットと電話の契約で最高52,000円にもなりますよ。

これだけあれば前の契約での違約金などを相殺できる可能性が高いのではないでしょうか。

引っ越し先で初めてauひかりを申し込む場合は代理店からの契約がマストになりますが、代理店はできるだけキャッシュバックがもらいやすい優良店を選ぶようにしてくださいね。

auひかりキャッシュバックの詳しい記事を見る

 

引っ越し予定を事前に把握しているなら

引っ越しで今使っているインターネット回線を解約しauひかりの申し込みを考えている場合で急な引っ越しでは上記でお伝えしました方法が最善となりますが、もし引っ越しの予定が半年前くらいから把握しているなら状況が変わってきます。

上記でお伝えしました方法ではauひかりの新スタートサポートが利用できず最大限お得に申し込む事が出来ていないのです。

他社の解約で発生する違約金がキャッシュバックで相殺できるとは言え結局は自身で負担することになり、本来ならまるまる5万円程度をお小遣いとして残せたはずが目減りしてしまいますよね。

引っ越し予定が6ヵ月以上前からわかる場合で引っ越し先ではauひかりを利用したい!そう考えているならすぐにでもauひかりに乗り換え、au新スタートサポートを利用して他社の解約違約金を還元してもらいましょう。

その後にauひかりの回線も引っ越したほうが断然お得になります。

何故6ヵ月なのか?

それは違約金を還元してもらうには手続きに6ヵ月程度の期間を必要とする為です。

auひかりに乗り換えて手元にまるまる5万円程度がのこるのか、それとも違約金を相殺して1~2万になるのかこの差は大きいのではないでしょうか。

auひかり新スタートサポートの詳しい記事を見る

 

auひかりを引っ越し先で利用したい場合の注意点

auひかりを引っ越し先で利用する場合、いくつか注意しておきたい点があります。

引っ越し先はauひかりが使えるエリアなのか?電話番号やメールアドレスはどうなるのかいくつかの注意点もお伝えしていきますので、チェックしておいてくださいね。

 

引っ越し先がauひかりの提供エリア内かの確認

auひかりはフレッツ光のようにほぼ全国で使えるわけではなく、関西地方と東海地方は提供エリア外になっています。

またマンションの場合はエリアはもちろん建物によって使えるか使えないか変わってしまいますよ。

ということで引っ越しの手続きに入る前に必ず引っ越し先でauひかりが使えるのかどうか確認しておきましょう。

確認はauひかりのホームページにある提供エリアの検索からできますよ。

auひかり提供エリアの確認

 

引っ越し先がauひかりのエリア外なら

もし引っ越し先がauひかりの提供エリア外であった場合はどうなるのか?

auひかりを引っ越し先でも使いたい!使う予定だけどエリア外。。。

その場合はauルーターを固定回線代替として引っ越し先で利用する事になります。

auスマートバリューを利用している場合はauルーターが割引の固定親回線となります。

auひかりの固定インターネット回線よりは品質がどうしても落ちてしまいますが、高額な違約金や解除手数料、工事費の残額に撤去費用は基本的に通常の引っ越し同様の扱いとなります。

Left Caption
そんなの考えられない!どうにかならないの?

1つだけこの場合ある程度救済される申し込みが存在します。

2018年7月頃からこういったやむおえない状況でも発生する28,800円の高額な撤去費用をなんとかできないかと、auひかりの申し込み先窓口側でのキャンペーン対応が行われています。

代理店のNNコミュニケーションズが上記の様な場合には引越し後にフレッツ光と同等の提供エリアを誇るビッグローブ光に乗り換える事ができるなら、高額な撤去費用はNNコミュニケーションズが負担します!といったキャンペーンを展開しています。

このキャンペーンを利用できる申込みであったなら最小限の費用負担で引っ越し先ではビッグローブ光が利用できることになります。

auひかり高額な回線撤去費用を無料にする詳しい記事を見る

ビッグローブ光はauスマートバリューに対応し、Ipv6IPoEの高速通信も期待できますからauルーターに比べて格段に品質は向上し、auひかり1Gサービスと同等であることが期待できますから申し分ないでしょう。

NNコミュニケーションズに限らず、他の申し込み先窓口でも同様のキャンペーンが展開されている申し込み先があり、キャンペーン対象となる申し込みであった場合は救済が可能です。

ところがこちらのキャンペーンは比較的新しい救済のキャンペーンですから、加入時にはそんなキャンペーンなかったよ!なんて場合もあります。

解約に係るこの大きな回線撤去費用は2018年3月1日に施行されていますので、それ以前からauひかりを利用していた場合には撤去費用が発生しません。

auルーターなんて嫌だから解約する!なんて場合はプランに応じた契約解除手数料分割工事費の残額が一括請求されることになります。

 

固定代替auルーターに我慢できない

もう一つ固定代替のauルーターを脱却する方法があります。

一旦は固定代替のauルーターを引っ越し先で利用する方向でauひかりの引っ越し手続きを完了させ、引っ越し先で落ち着いた段階で、auひかりから他の光回線に乗り換える方法を使います。

特にソフトバンク光はauひかりを解約する際に発生するほとんどの費用をソフトバンクが後から現金でキャッシュバックしてくれる【ソフトバンク光安心乗り換えキャンペーン】を利用する方法です。

auスマートバリューは利用できなくなりますが、違約金すべてを還元してくれるなら、スマホの乗り換えも視野に入ってきますよね。スマホもソフトバンクに乗り換えることでauスマートバリュー同様のおうち割光セットを利用できるのです。

更にこちらも優良代理店で申し込む事でキャッシュバックもありますから、一気に問題が解決できるでしょう。

ソフトバンク光優良代理店のサイトを見る

 

Left Caption
auスマートバリューが使えるビッグローブ光はダメなの?

ビッグローブ光も工事費が実質無料や代理店からのキャッシュバックも手厚い為良い選択かもしれませんが、auひかりの解約に係る費用は自費になってしまいます。

ソフトバンク光をどうしても体が受け付けない場合はビッグローブ光も良いかもしれません。

ソフトバンク光と同様で申し込むなら代理店を経由してキャッシュバックを確実に貰うのが良いでしょう。

ビッグローブ光の優良代理店NNコミュニケーションズのサイトを見る

 

電話番号は変更になる場合が多い

引っ越しすると大多数の場合で電話番号が変わるように、auひかり電話も引っ越し手続きで電話番号が変わります。

電話番号を変えなくていい可能性があるのはNTTのアナログ電話加入権がありなおかつ引っ越し先が同じ市外局番エリアであれば、電話番号が変わる心配は不要です。

引っ越しイコール電話番号変更になってしまいますが、新しくauから発行される電話番号には加入権がないというのも覚えて起きたいですね。

 

マンションタイプは料金が変わることも

auひかりのマンションタイプはマンションがどんな回線設備が導入されているかで接続方式や月額料金が変わります。

料金も3,400円から5,000円とかなりの違いがあるので、引っ越し先でそれまでと同じ料金で使い続けられるかどうかも確認しておきたいですね。

エリア検索でお伝えしました公式サイトから引っ越し先のマンションに導入されている設備機器も検索する事が出来ます。

auひかり提供エリアの確認

 auひかりのマンションタイプにつきましては、料金なども含め以下の記事にて詳しくお伝えしていますので、一度ご覧になってみてください。

auひかりマンションの記事を見る

 

メールアドレスは同じものが利用できる?

auひかりを契約するとメールアドレスが発行されますが、引っ越し手続きをしたらこのメールアドレスはどうなってしまうのでしょうか。

au one netがプロバイダの場合はそのままこのメールアドレスは継続して使うことができます。

他のプロバイダを使っている場合は各プロバイダにメールアドレス継続利用したい旨を申告すると、そのまま同じアドレスを使い続けることができます。

ただメールアドレスと一緒に発行されたIDとパスワードは引っ越しに伴い変わってしまいます。

 

レンタルしていた機器はどうするの

auからレンタルしている機器は引っ越しの時どうすればいいのでしょうか。

じつは解約の時と同じように送り返すことになるのですが、返送用の伝票は新しい住所に送られてきます。

引っ越しの時には他のすべての荷物と一緒に、新しい家へ持って行くようにしてくださいね。

新しい住所で使う機器は新しいものが送られてくるのでそちらを接続するようにしましょう。

 

auひかりの引っ越しについてまとめ

引っ越し手続きに関してはほとんどの場合プロバイダのキャンペーン等で費用の負担なしになるものの、プロバイダによっては詳細が不明なところもあるので事前に確認が必要です。

新しい家での初期工事はKDDIのキャンペーンで指定の期間を利用する事で実質的に負担せずに済むので安心ですね。

代理店のキャッシュバックは魅力ですが、再契約なら適用されない可能性があるので引っ越しで利用する場合には相当注意が必要です。

今利用している光回線を解約して引っ越し前にauひかりに乗り換えるなら安心できる窓口からの申し込みが良いでしょう。

auひかりキャッシュバックの記事を見る