auひかり新スタートサポート

auひかり新スタートサポート始まる!旧サービスとの違いを徹底調査

auひかりキャンペーン

auひかりに乗り換えると他社の違約金を還元してもらえるauひかりスタートサポートが新スタートサポートとして新しくなりました。これからauひかりに乗り換える予定でしたら是非参考にして頂ければと思います。

旧auひかりスタートサポートは大きく分けて以下の様なサービス内容でした。

旧auひかりスタートサポート

乗り換え時に他社回線の解約で違約金が発生した場合KDDIauひかりが最大3万円まで還元しくれる。

auひかりスタートサポート

特定の代理店からの乗り換え申し込みに限りスタートサポートにプラスしてキャッシュバックが最大25,000円もらえる

スタートサポート上乗せキャッシュバック

スマホもauに乗り換えるならスマホの他社解約金も10,260円還元してくれる

auスマートバリュースタートサポート

こちらの公式キャンペーン特典のauひかりスタートサポートが新スタートサポートに変わりましたので、これからauひかりに乗り換えるまたは、新規に申し込むなら要チェックです!

 

auひかりスタートサポート新旧の違い

auひかりの乗り換えに関わる一番重要な部分として他社解約時の途中解約違約金を3万円まで還元してもらえるauスタートサポートと特定の代理店から乗り換えで申し込む事で適用されるスタートサポート上乗せキャッシュバック。

こちらは新スタートサポートでも内容が変更されていませんでした。

これまで通り、auひかりには乗り換えやすい環境が整っています!ここを改悪されてしまうとauひかりには申し込みにくくなってしまいますが、旧スタートサポートと同じ内容で安心しました。

新スタートサポートで変更となった部分はスマホ・ケータイに関わるauスマートバリュースタートサポートの部分です。

既にご存知の方も多いかと思いますが、2019年10月1日よりスマホ・ケータイの契約、解約の基準として、契約プランの期間での縛りはダメですよ!解約時の違約金も最大1,000円までにしなさい!と正義の味方総務省様よりお達しが各キャリアに出ました。

そうなるとこれまでauスマートバリュースタートサポートはauスマホ・ケータイに乗り換えるのに他社で違約金が発生するんだったら10,260円までauが負担しますから安心してくださいね!といったサービスだったのですが、他社での違約金が最大1,000円になってしまいますのでサービスの大義名分が無くなってしまった訳なのです。

結果auスマートバリュースタートサポートはどうなってしまったのか?しっかりとお伝えします!

 

新スタートサポートのキャンペーン内容

スマホ・ケータイの違約金が最大1,000円なのですから無くなってもおかしくないキャンペーンですが、後継キャンペーンが継続します!

新スタートサポート1

新スタートサポート2

条件が少し厳しくなりましたが後継キャンペーンとして申し込みの又は契約中のauひかり回線1つに対してauスマートバリューにau携帯電話を2回線以上新規で登録してくれるなら1台に付き最大10,000円キャッシュバックしましょうじゃない!

と太っ腹なキャンペーンとして生まれ変わったのです。

2台と条件は厳しくなりましたが、例えば家族でソフトバンク光、ソフトバンクのスマホ・ケータイを利用しているならそっくりそのまま乗り換えれば難なく条件達成なのです。

これまでは、還元してくれた10,260円はあなたが他社携帯を解約した時に立替えたお金ですから、お財布の中身はプラスマイナスゼロです。

でも新しい新スタートサポートは一味違います!他社の違約金2台分の2,000円を支払い2台分の20,000円がauよりキャッシュバックされるのです!財布が膨らみます!3台なら30,000円ということになりますね。

新スマートバリューで変更になった部分はスマホの違約金還元部分(auスマートバリュースタートサポート)のみですから、他社光回線の違約金還元部分に関しましては以下の記事をご覧になって頂ければと思います。

auひかりスタートサポートの詳細記事を見る

 

auひかりスタートサポート上乗せキャッシュバックの詳細記事を見る

 

新スタートサポートの還元方法

一台最大10,000円は以下の様な方法でキャッシュバックされます。

郵便為替でのキャッシュバック

au WALLET プリペイドカードへのチャージ

月額利用料への還元(1,000円×10回)

環境に合わせてキャッシュバック形態を選ぶと良いかもしれませんね。

 

新スタートサポートの還元時期

au WALLET プリペイドカード残高へのチャージ:申請受付から約一ヵ月後

郵便為替:申請受付から約1.5~2ヵ月後

月額利用料金からの割引:申請受付の翌月からスマホの料金割引1,000円/月×10回

 

新スタートサポートの適用条件

auひかりの申し込み日から申し込み月を含めて12ヵ月以内にスタートサポート共通申請書にて申請する必要があります。

auひかりを申し込み他社の違約金がある場合の申請書と同一で記載箇所は2つあります。

光回線の他社途中解約違約金とスマホ・ケータイの分が1枚で申請可能です。

申請可能期間は12ヵ月の期間がありますので、ゆっくりと検討可能ですが1度のみの申請しか受け付けて貰えませんので気を付けて下さい。

光回線の違約金とスマホのスマートバリューの申し込みを同時に行う必要があります。

スタートサポート共通申請書はauひかりの申し込み先から送られてきますが、インターネットからもダウンロードが可能です。

スタートサポート共通申請書のダウンロード

au WALLET プリペイドカードの残高へのチャージを希望する場合は申請前にau WALLET プリペイドカードを発行しておく必要があります。発行して届くまで1週間程度をみておくと良いでしょう。

申し込んだauひかりの回線に対してスマートバリューにau携帯電話2回線以上を新規登録の必要があります。

新スタートサポートの注意事項

auひかりの開通前に申し込んでしまうと無効になります。

タブレットやモバイルルーターは対象外となります。

スマートバリューを組むauひかりはホームタイプならずっとギガ得プランである必要があり、マンションタイプはプランの制約はありません。

セットにするauスマホもスマートバリューの対象プランである必要があります。

スマートバリュー対象プラン

auスマートフォン

契約プラン契約翌月から2年間3年目以降
新auピタットプラン1GBまで割引対象外割引対象外
新auピタットプラン
1GB超~7GBまで
500円500円
auフラットプラン7プラス1,000円1,000円
auデータMAXプラン1,000円1,000円
auピタットプラン
(シンプル):1GBまで
割引対象外割引対象外
auピタットプラン
2GBまで
500円500円
auピタットプラン
(シンプル):1GB超2GBまで
500円500円
auピタットプラン2GB超20GBまで
auフラットプラン20
auフラットプラン30
(2019年6月30日受付終了)
auフラットプラン25 Netflixパック
1,000円1,000円
データ定額1
(2019年8月31日受付終了)
934円500円
データ定額2/3
(2019年8月31日受付終了)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付き)
(2019年8月31日受付終了)
受付終了プラン
データ定額3cp
LTEフラットcp(1GB)
シニアプラン
934円934円
受付終了プラン
U18データ定額20
1,410円1,410円
データ定額5/20
(2019年8月31日受付終了)
LTEフラット
(2019年8月31日受付終了)
データ定額5cp
ISフラット
受付終了プラン
データ定額8
プランF(IS)シンプル
1,410円934円
データ定額30
(2019年8月31日受付終了)
受付終了プラン
データ定額10/30
2,000円934円

4Gケータイ

契約プラン翌月から2年間3年目以降
データ定額1(ケータイ)934円500円
データ定額2/3(ケータイ)934円934円
データ定額5(ケータイ)
受付終了プラン
データ定額8(ケータイ)
 1,410円934円
受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
2,000円934円

3Gケータイ

契約プラン翌月から2年間3年目以降
カケホ・3Gケータイデータ付き934円934円

4G LTEタブレット/4G LTE対応PC

契約プラン翌月から2年間3年目以降
受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
ゼロスタート定額
1,000円1,000円
LTEフラット for Tab/Tab (L)
LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
1,410円934円

 

新スタートサポート申請手順

auひかりの新スタートサポートについて変更になった部分をお伝えしてきました。

新スタートサポートの申し込み手順について記載します。申し込み前で手続きに不安を感じているようでしたら是非参考にして頂ければと思います。

  • STEP.01
    auひかりの申し込み
    auひかりに乗り換えや新規申し込みの決心が固まりましたら、現在加入しているインターネット回線の解約前にauひかりを申し込みます。
    auひかりの申し込みはスタートサポート上乗せキャッシュバックが適用される代理店を通して申し込むのがインターネット回線申し込みのスタンダードになりつつあります。
    auひかりの代理店からの申し込みで気を付けたい部分として、申し込み先代理店を間違えないようにしてください。
    最悪キャッシュバックが貰えない状態になる悪質な代理店も数多く存在しています。
    auひかりのキャッシュバックについて当サイトでも26社あまりを徹底調査していますので、興味がございましたら以下の記事を参考にして頂ければと思います。

    auひかりキャッシュバックの詳細記事を見る

  • STEP.02
    現在利用しているインターネット回線の解約
    他社の途中解約違約金を還元してくれる新スタートサポートですが、利用中のインターネット回線がKDDIグループであったりすると対象外となってしまいます。
    その他にも申し込むauひかりのプランも指定されていたりしますので以下の記事をご確認頂ければと思います。

    新auスタートサポート固定回線の違約金還元詳細記事を見る

  • STEP.03
    auひかり開通後新スタートサポートの申請
    新スタートサポート共通申請書
    固定回線の違約金とauスマートバリュー特典の申請は同一の申請書1通で行う必要があります。
    申請書はauひかりの申し込み先から送られてきます。
  • STEP.04
    申請書と固定回線の他社違約金明細を郵送
    郵便ポスト
    申請書は固定回線の違約金申請、auスマートバリュー特典申請を同時に記入します。スマートバリューを利用しない場合は記入不要。後からでもこちらのキャンペーンは適用されませんが、auスマートバリューへの申し込みは可能です。
    また固定回線の他社の違約金の明細資料の忘れずに同封してください。
  • STEP.05KDDIに到着審査後キャッシュバック
    書類がKDDIに到着後一週間単位で締めら問題が無ければ順次指定の期間、指定の方法で特典キャッシュバックが開始されます。

 

auひかり新スタートサポートまとめ

肝心な固定回線の違約金還元部分についてはこれまで通り変更なく安心しました。

新しい部分として、auスマホに乗り換える際の他社違約金の還元部分ですが2019年10月1日より他社の解約で違約金も最大1,000円となったことから、最終的には新スタートサポートは良くなったと言えるでしょう。

条件はスマホ2台の加入と厳しくはなりましたが、複数台スマートバリューを申し込むことでちょっとしたお小遣いができるシステムになったことは素直に嬉しく思います。

是非新しいスマートバリューを活用してお得にauひかりを始めて頂ければと思います。

auひかりキャッシュバックの詳細記事を見る