NURO光料金

NURO光の料金をわかりやすく比較解説forマンションに注意!

NURO光はソニーネットワークコミュニケーションズSo-netが提供する世界最速の光回線です。

高速でありながらNURO光料金が安いとうわさですが、よくあるサイトに掲載されている価格は安いけど、実際請求されると表示の価格と大きく違うといったことがないか、本当に安いのか他の光回線と比較しながら、NURO光料金について詳しくお伝えしますので、参考にして頂けたらと思います。

 

NURO光の基本的なサービス

 

NURO光の基本的なサービスのわかりやすい公式動画が公開されていますので参考にして頂けたらと思います。

NURO光の料金は他社回線では有料オプションとなっている【無線ルーター】【セキュリティーサービス】が標準料金プランに組み込まれていますので驚きです!

 

標準装備
https://www.nuro.jp/

 

NURO光ホームタイプの初期費用は

料金項目auひかりホームNURO光ホームタイプ
初期料金
工事料金含む
37,500円40,000円
初期料金分割払い1,250円×30回1,333円×30回
登録手数料3,000円3,000円

NURO光の初期工事料金はauひかりに比べすこし割高となっています。

しかしどちらもキャンペーンで工事費分割分と同額が毎月の利用料金より割引されますので、実質的には無料となります。

 

期間の途中で解約した場合初期工事料金について違約金などはありませんが、残債分は支払う必要があります。解約時で工事費割引サービスは終了です。

 

 

その他の追加費用

追加工事項目工事料金備考
LAN配線工事料金7,980円2本目以降
3,000円/本
TEL配線工事料金7,980円2本目以降
3,000円/本
回線撤去工事料金10,000円
土日・祝日工事料金3,000円
機器損害金11,000円レンタルしている
ONUホームゲートウェイ破損時

工事内容によって追加でしっかりと料金が必要になってきます。細かいことですが、土日・祝日割増もあります。

工事する側にたてば、必要ではありますが、頼む側の心情ではそれくらいサービスしてよ!となりますね。

 

NURO光とauひかりの料金を比較

NURO光ホームタイプの場合

契約内容NURO光G2VNURO光G2auひかり
ずっとギガ得プラン
1年目
ネット4,743円7,124円5,100円
ネット
電話

5,243円7,6245,600円
ネット
電話
テレビ
光テレビ基本プラン
1,000円
チューナーレンタル費
500円
合計1,500円加算
関西・東海エリアでは
提供無
光テレビ基本プラン
1,000円
チューナーレンタル費
500円
合計1,500円加算
関西・東海エリアでは
提供無
6,100円
契約期間2年間の継続契約なし3年ごとの自動更新
契約解除料金9,500円なし15,000円

NURO光の方が月額で工事費を差し引いてもauひかりより約400円も安く設定されています。

無線Wi-FiルーターとセキュリティがNURO光では標準装備です。

auひかりの場合で月額料金が無線ルーター500円、セキュリティーはプロバイダ各社でちがいますが、So-netであれば月額料金は500円です。

合計すると1,400円相当はauひかりより安い料金設定となっています。

 

NURO光は月々の料金が安い!

 

上記のように比較するとauひかりに比べると月々の利用料金は非常に安く設定されています。

 

標準で、無線ルーターとセキュリティーサービス、もちろんプロバイダ料金がセットになっていて必要な方には嬉しい設定となっています。

 

大きく競合他社と違うところは、

チェックマーク乗り換えの場合の他社途中解約違約金を還元するサービスがない

月額利用料金が安めに設定されていますので2年も使えば違約金相当の差額はでますが、ユーザーとしては還元サービスも欲しい所です。

今後のサービス改善に期待します。

 

NURO光forマンションタイプは特殊

NURO光申し込み可能タイプ
https://www.nuro.jp/

NURO光forマンションは3階建て以上のマンションで利用する事ができます。

7階以下でマンションのNURO光forマンションに希望している方が3人以下の場合でマンションでは開通待ちが発生してしまう場合は料金は少し高くなりますが、ホームタイプが導入も可能な場合がありますので確認すると良いでしょう。

 

料金画像
https://www.nuro.jp/

NURO光forマンションは特殊な独自システムがあり料金は月額1,900円まで下がる場合があります。

住んでいるマンションにNURO光の契約者が4人以上が居る場合NURO光forマンションを開通させることができます。

4人いない場合は4人集まるまで待つ必要があります。

 

NURO光forマンションの利用方法

住んでいるマンションがNURO光設備機器が導入済の場合は、手協エリア確認結果からそのままもうしこむことが出来ます。

設備機器が導入されていない場合はNURO光forマンション利用希望としてエントリーし、4人以上がエントリーされた段階でマンション所有者などに交渉がはいる仕組みとなっています。

NURO光公式WEBサイトこちらよりエリア確認する事が出来ます。


エリア判定により設備が導入されていない場合はこちらのNURO光公式WEBサイトのエントリーフォームよりエントリーする事が出来ます。

 

エントリー後の状況はこちらから確認する事が出来ます。

 

NURO光forマンション初期費用

契約事務手数料宅内工事費
3,000円40,000円
1,111円×36回の分割払い

ホームタイプの初期工事料金は30ヵ月の分割でしたが、NURO光forマンションの場合は36か月の分割となります。

ホームタイプ同様に、36ヵ月間月額利用料金から割引サービスがあります。

NURO光forマンションの料金体系

利用マンションの
Hands-up会員数
hands-up会費NURO光forマンション
月額料金
合計月額料金
4人900円1,600円2,500円
5人900円1,600円2,500円
6人900円1,600円2,500円
7人800円1,600円2,400円
8人700円1,600円2,300円
9人600円1,600円2,200円
10人以上300円1,600円1,900円

10人以上いる場合で月額1,900円で利用できますのでかなりお得です。

 

反面、少ない人数では3人以下になる可能性が高くサービスそのものが利用できなくなる可能性があります。

 

3人以下になった場合に一定期間内に再び4人以上にならない場合はサービスが停止されます。

 

入居や退去の激しいタイプの集合住宅で人数が少ない場合は十分検討して頂けたらと思います。

 

マンションが4人以上になった場合の共用部の設備機器工事には60,000円が必要でHands-upから分割で工事費が支払われますが、開通後早い段階1人退去し3人になってしまった場合はサービスの停止と60,000円の共用部工事費の残債+宅内配線工事費40,000円の残債を支払う必要がでてきます。

結構な高額料金になる場合もあるようなので、慎重な検討が必要です。

 

その救済措置かは不明ですが、マンションの場合は10,000のキャッシュバック特典があり、6か月後に受け取ることが可能となっています。

 

Hands-upとは

マンションで4人以上が集まり回線設備の導入が決まった段階で設立される任意団体で、月額料金にのhands-up会費から初期共用部の導入費や維持費などとして充当され、NURO光forマンションに契約する場合は加入が必須となります。

Hands-up会費はマンションごとのNUROfor光マンションの契約人数によって上の表のように上下し、決定されます。

マンションでのサービススペック

マンションの共用部の設備機器の詳細は以下の図のようになっています。

NURO光マンションタイプ配線図
https://www.nuro.jp/

公式の記載ではホームタイプ同様のスペックがあるようです。

 

NURO光forマンションでは少人数時は慎重な検討が必要

 

上記の通り少人数でのマンション開通にはリスクがあるようですので、可能であればホームタイプを契約する場合の方が、リスクを最小限に抑える事ができるかと思います。

 

人数が多い場合は月額利用料金も競合他社よりかなり安く抑える事ができます。

 

マンションタイプに加入は十分な検討を行ったうえで申し込むようにして頂けたらと思います。

 

NURO光関西、東海でエリア拡大!

NURO光キャッシュバックがもらえ、信頼のできる申し込み先TOP3はこちらの記事で詳しくお伝えしています。