NURO10Gvsau10G

NURO光とauひかりの10Gプランを徹底比較!知らないと失敗する

2018年3月1日より申し込み受付が開始されたauひかりホーム10ギガと4月上旬申し込み受付が開始されたNURO光の新プラン10Gbpsサービス

どちらも世界最速、上り/下り10Gbpsの光速な光回線インターネットサービスで関東エリアの一部地域での提供開始となり、気になっている方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事ではauひかりとNURO光の10Gbps/6Gbpsプランを徹底比較しわかりやすく解説しますので、参考にして頂けたらと思います。

 

NURO光とauひかり10Gの提供エリア比較

 

auひかりホーム5g10g提供エリアauひかりホーム10ギガのサービス提供エリアの確認方法は以前の記事でお伝えしていますので参考にして頂けたらと思います。

NURO光エリア拡大関西東海

NURO光の10G/6Gサービス提供エリアについては現段階では【関東の一部のエリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県】となっています。

関西エリア、東海エリアにおいても10G/6Gサービスの提供する準備を進めていて、2019年4月以降から申し込み受付を開始すると発表があります。

NURO光10G/6G提供エリアの確認方法

NURO光10G/6G提供エリア確認ページにて必要情報を入力し、⑤提供状況を確認するのボタンを押します。

NURO10G6Gエリア判定

提供可能地域の場合は上の画像のような結果が表示され申し込むことが可能です。

矢印

NURO光10G/6Gエリア確認はこちら

 

auひかりとNURO光どちらも関東エリア一部地域【東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県】となっています。詳細はエリア判定をすることで比較可能ですが、概ね公式通達では同じエリアでの提供となっています。

 

NURO光とauひかりの10G料金比較

ネット+電話
3年比較
NURO光上り/下り10Gbpsサービス
3年更新型
auひかりホーム10ギガ
ずっとギガ得プラン
3年更新
月額利用料金6,243円 2018年3月時点
値下げ
5,743円 2018年10月時点
超高速スタートプログラム適用後
1年目 6,380円
2年目 6,280円
3年目6,180円
3年平均月額6,280円
事務手数料3,000円3,000円
工事費60,000円
60ヵ月で実質無料
37,500円
60ヵ月で実質無料
3年で解約の場合の工事費残債24,000円15,000円
3年以下での途中
契約解除料
20,000円15,000円+
12ヵ月未満の10ギガサービス解除料
2,500円
回線撤去費用10,000円28,800円
他社解約違約金還元サービス無し最大35,000円
キャッシュバックキャンペーン無し代理店から申し込む場合
50,000円程度有
料金割引特典無しスタートサポートプラス

両者3年継続利用が前提のプランがありますので同様のプランで比較しました。

発表当初は月々の料金はNURO光よりauひかりのほうがわずかに月々47円ほど高くなる設定でしたが、変更され、NURO光の方が、毎月の料金はauひかりより547円安く利用できる設定となりました。

回線の工事費はNURO光のほうが高くなっていて回線撤去費用はauひかりのほうが高コストとなります。

月々の料金や実質無料になる工事費、途中解約違約金などそれほど両者に大きな違いはありません。

NURO光とauひかりの決定的な違いとしては、回線撤去費用がauひかりの場合必ず必要となってきます。

しかしながらその分以上(回線撤去費用を支払っても3~4万円程度、違約金還元を合わせると6~7万円程度)にauひかりの場合、他社からの乗り換え時の他社途中解約違約金の還元サービスや代理店から申し込む場合のキャッシュバック、割引特典が手厚い為比較結果からは、圧倒的にauひかりの方がお得となっています。

2018年10月現在では条件がありますが、もしもの急なauひかりエリア外への引っ越しによる高額な回線撤去費用の負担を軽減するサービスが代理店からプロバイダにBIGLOBEを選択して申し込む事で適用可能となりました。

回線撤去費用が実質無料を参照ください。

言い換えればauひかりの場合、加入時のメリットが大きく、解約時には解約しにくい構造の料金プラン、料金形態となっています。

わたしもauひかりを利用していて、鈍足なフレッツ光から乗り換えて現在の所速度面において不満は一切ありませんので解約する理由もみあたりませんが。

 

NURO光6G/auひかり5Gの料金比較

ネット+電話
3年比較
NURO光上り/下り6Gbpsサービス
3年更新型
auひかりホーム5ギガ
ずっとギガ得プラン
3年更新
月額利用料金5,743円 2018年3月時点
値下げ
5,243円 2018年10月時点
超高速スタートプログラム適用後
1年目 5,600円
2年目 5,500円
3年目5,400円
3年平均月額5,500円
事務手数料3,000円3,000円
工事費60,000円
60ヵ月で実質無料
37,500円
60ヵ月で実質無料
3年で解約の場合の工事費残債24,000円15,000円
3年以下での途中
契約解除料
20,000円15,000円+
12ヵ月未満の10ギガサービス解除料
2,500円
回線撤去費用10,000円28,800円
他社解約違約金還元サービス無し最大35,000円
キャッシュバックキャンペーン無し代理店から申し込む場合
50,000円程度有
料金割引特典無しスタートサポートプラス

単純に6Gと5Gですから比較は難しいかと思いますが、コストパフォーマンス(費用対効果)や特典サービスを考えた場合こちらもauひかりの圧勝でしょう。

 

NURO光とauひかり10Gサービス開始時期比較

注意したい点として、NURO光の場合上り/下り10Gbpsサービスの実際の提供開始時期(工事開始時期)が2018年の10月以降となっています。

2018年9月に修正があり、実際の工事開始時期は2019年3月下旬以降と修正発表がありました。

発表や申し込み開始時期は早かったのですが、実際の準備は遅れているようで、無理やりauひかりの10Gサービスに合わせてきた感が否めません。

決して悪いと言っている訳ではなく、NURO光を考えている場合は少し待たされる結果になるようです。

 

10Gbps対応機器事前準備

auひかりでもNURO光でも10Gbpsのサービスに契約する場合はほとんど場合で、契約申し込みだけでは、その実効速度を体感することができません。

それは現在利用してるであろう機器の規格上の最大速度が1Gbpsとなっている為です。

パソコンからはじまり、LANケーブル、スイッチングハブなどすべて10Gbps対応の機器に交換する必要があります。詳しい説明は以下の記事でご紹介していますのであわせて参考にして頂けたらと思います。

矢印

 

NURO光とauひかり10Gサービスの現状

現段階では実例がなく速度面での比較は困難です。通信規格においても同様でそれぞれが上り/下り10Gbpsに対応できる通信規格ですからどちらが良い、悪いといった解釈は難しいでしょう。

現段階で比較できる料金やキャンペーン、割引サービスにおいてはauひかりの圧勝となっているようです。

現在auひかりを利用中の場合

現在auひかりを利用している環境で、10ギガサービスを考慮した場合NURO光に乗り換えるメリットは余り無いようです。auひかりを継続し、10ギガサービスが必要な場合は速度変更を申し込む事が無難でしょう。

現在NURO光を利用中の場合

一方現在NURO光を利用中で10ギガサービス加入を見据えた場合はNURO光既存の10ギガサービスに切り替えや新しい上り/下り10Gbpsサービスの提供開始を待つのも良いかもしれません。また現時点での利用年数や解約した場合に発生する違約金や工事費残債によっては、auひかりに乗り換える選択肢もあるかと思います。

auひかりに乗り換える場合はNURO光での違約金の還元+50,000円程度のキャッシュバックが見込めますので清算が必要な金額+回線撤去費用を上回れば乗り換えるチャンスかもしれません。

auひかりが提供エリア外の地域

auひかりが提供エリア外である関西エリア、東海エリアにおいて速度を重視するならエリアが拡大されたNURO光が有力候補かと思います。東海エリアでキャッシュバック重視であればコミュファ光も良いでしょう。

関西エリア、東海エリアは新しい10G/6Gサービスの提供開始が発表されていますので先を見越して、現在キャッシュバックがある2Gサービスに加入し、10G/6Gサービスの提供が開始されれば、契約コース変更が賢い選択かもしれません。

現在インターネット回線を引いていない場合auひかり以外の回線を利用している場合で10ギガサービスを見据えた場合は現状キャッシュバックキャンペーンや割引サービスを展開しているauひかりがどこの光回線よりもお得に申し込むことが可能かと思います。

10ギガサービスも申込可能なauひかり代理店ランキングはこちら