ビッグローブ光とauひかりの違いは?両者のおすすめポイントを把握して損のない契約をしよう!

auひかり

auひかりと同様に人気の高い光回線提供業者として、ビッグローブ光が挙げられます。両者にはいくつかの違いがあるため、それらを整理して自分自身に適したサービスを選ぶことが大切です。

 

この記事では、ビッグローブ光とauひかりのどちらを選ぼうか迷っている方に向けて、ビッグローブ光とauひかりの特徴やそれぞれの魅力、ビッグローブ光の申込方法についても解説します。

 

ビッグローブ光がおすすめの人

ビッグローブ光をおすすめできるのは、以下のような方です。

 

【ビッグローブ光をおすすめする方】

  • テレビサービスも同時に利用したい方
  • ビッグローブモバイル・UQモバイルを利用している方
  • auひかりの対応エリア外に住んでいる方
  • 地デジやBSを家で見られない方

 

ビッグローブ光のテレビサービスでは、地デジやBS放送の視聴が可能です。そのため、自宅で地デジやBSが見られない方は、ビッグローブ光がおすすめ。また、auひかりよりもビッグローブ光の方が対応エリアは広く、auひかりが対応外の地域に住んでいる方にとってもビッグローブ光は有力な選択肢です。

 

auひかりがおすすめの人

auひかりがおすすめなのは、以下のような方です。

 

【auひかりをおすすめする方】

  • 通信速度を重視している方
  • キャッシュバックでなるべくお得に利用したい方
  • 家族でauスマホを利用している方
  • 専門チャンネルのみを視聴したい方

 

auひかりの魅力は、やはり何と言っても通信速度の速さ。最大通信速度はビッグローブ光もauひかりも1Gbpsですが、実際に計測した平均値はauひかりの方が速いとされています。

 

また、auひかりにはキャッシュバックキャンペーンが充実しているため、なるべくお得に光回線を利用したいのであればauひかりがおすすめです。

 

auひかりの詳しい解説記事を見る

 

ビッグローブ光とauひかりの違い

ビッグローブ光とauひかりの違いをまとめると、以下の通りです。

 

 ビッグローブ光auひかり
月額料金● 戸建て:5,478円
● マンション:4,378円
● ホーム「ずっとギガ得プラン」(電話なし)
1年目:5,390円
2年目:5,500円
3年目:5,610円
● マンションタイプV
4,180円
回線速度通信速度最大1Gbps通信速度最大1Gbps
キャンペーンキャッシュバック
新規工事費相当額割引
無線LANルーター1年間無料 など
キャッシュバック
解約違約金相当額還元
初期費用相当額割引 など
工事費用工事費用 戸建て:1万9,800円
マンション:1万6,500円
(実質無料)
ホーム:4万1,250円
マンション:3万3,000円
(実質無料)
回線回線 NTTのフレッツ光の設備を使用KDDIが自社の独自回線を使用

※金額は全て税込

 

回線事業者の違い

ビッグローブ光では、NTT社が提供しているフレッツ光の設備を流用しています。一方でauひかりが使用している回線は、KDDI社が敷設・管理している独自回線です。

 

フレッツ光は全国で利用できることから、ビッグローブ光の対応エリアはauひかりよりも広いとされています。特にauひかりが対処具合となっている中部・関西の一部や沖縄では、ビッグローブ光は有力な選択肢です。

 

一方、auひかりの強みは自社の独自回線を使用していること。他社と回線を共有していないため、回線が混み合いやすいタイミングでも混雑が発生しにくく、インターネットを快適に利用できます。

 

工事費用の違い

ビッグローブ光とauひかりの工事費は、それぞれ以下の通りです。

 

 ビッグローブ光auひかり
工事費用戸建て:1万9,800円
マンション:1万6,500円
(実質無料)
ホーム:4万1,250円
マンション:3万3,000円
(実質無料)

 

auひかりのホームとは、主に戸建て住宅で利用されるタイプの契約です。両者を比較すると、戸建てでもマンションでもビッグローブ光の方が安価であることが分かります。ただし、ビッグローブ光もauひかりも工事費相当分を割引するキャンペーンを行っているため、キャンペーンを利用する前提であれば両者ともに実質無料で大きな違いはありません。

 

ただし、キャンペーンを利用した場合、途中解約をすると工事費を全額負担しなければならないためご注意ください。

 

月額料金の違い

ビッグローブ光とauひかりの月額料金は、それぞれ以下の通りです。

 

 ビッグローブ光auひかり
月額料金● 戸建て:5,478円
● マンション:4,378円
● ホーム「ずっとギガ得プラン」(電話なし)
1年目:5,390円
2年目:5,500円
3年目:5,610円
● マンションタイプV
4,180円

 

上記の通り、戸建ておいてはビッグローブ光が、マンションにおいてはauひかりが安く設定されています。ただし、それほど大きな差とは言いがたく、月額料金についてはそれほど大きな違いはないと考えられるでしょう。

 

回線速度の違い

ビッグローブ光とauひかりの回線速度は、以下の通りです。

 

 ビッグローブ光auひかり
最大回線速度通信速度最大1Gbps通信速度最大1Gbps
平均回線速度下り:275.03Mbps
上り:219.56Mbps
下り:478.35Mbps
上り:431.05Mbps

※平均回線速度はみんなのインターネット回線速度より

 

上記表の「最大回線速度」の通り、最大速度は両者ともに1Gbpsで同じです。ただし、これはあくまでも理論値であり、実際の回線速度については業者間で差が出るとされています。

 

両者の平均速度についてまとめたのが、上記表の「平均回線速度」。上記を見ると分かる通り、auひかりの方が通信速度に関しては大きく勝っています。auひかりについては通信速度が速いとの評判も多く、通信速度で選ぶならおすすめです。

 

回線速度の目安

インターネットを快適に利用するために必要な通信速度は、一般的に以下の通りです。

 

利用方法求められる回線速度目安
メールやLINE、メッセージのやり取り~1Mbps
ウェブサイトの検索1~10Mbps
SNS3~10Mbps
動画視聴3~25Mbps
Web会議10~15Mbps
オンラインゲーム100Mbps程度

 

上記を目安として、自分に必要な通信速度について調べることをおすすめします。

 

例えば、YouTubeを閲覧する程度であれば、30Mbpsもあれば十分。メールやメッセージのやり取りが中心で動画を見ないなら、10Mbpsもあれば快適にインターネットを利用できます。

 

対応エリアの違い

対応エリアに関しては、結論からお話しするとビッグローブ光の方が優れています。ビッグローブ光はフレッツ光の回線を利用しているため、NTTの回線網を利用できるからです。ビッグローブ光なら、全国の広い範囲で、光回線を利用できます。

 

一方のauひかりについても、ほぼ全国的に利用は可能。しかし、中部や関西、沖縄では利用が制限されるため、該当地域では事前にしっかりと確認することが重要です。auひかりの対応エリアは、公式ページで簡単に検索できますので、気になる方は事前にチェックしてみてください。

 

キャッシュバックキャンペーンの違い

 

 ビッグローブ光auひかり
キャッシュバック
キャンペーン内容
最大4万0,000円最大7万0,000円
(申込窓口によって変化)

 

キャッシュバックキャンペーンについては、ビッグローブ光もauひかりも行っています。しかし、ビッグローブ光は最大4万0,000円で固定されている一方で、auひかりの場合は申込窓口によって変化する点が大きな違いです。

 

最大で7万0,000円もの返金を受けられるため、キャッシュバックキャンペーンについてはauひかりの方が優れていると考えられるでしょう。月額料金とも合わせて考えると、トータルの負担額はauひかりの方が低くなっています。

 

解約時の費用の違い

 

解約金(違約金)ビッグローブ光auひかり
戸建て2022年6/30申込
2年契約: 9,500円
3年契約:1万1,900~1万2,000円
2022年6/30以前申込
2年契約:1万0,450円
3年契約:1万6,500円
2022年7/1以降申込
:4,230円
2022年7/1以降申込
2年契約:4,730円
3年契約:4,460円
マンション2022年6/30以前申込
2年契約: 9,500円
3年契約:1万1,900~1万2,000円
2022年6/30以前申込
お得プラン:1万0,450円
お得プランA:7,700円
2022年7/1以降申込
:3,360円
2022年7/1以降申込
お得プラン:2,730円
お得プランA:2,290円
回線撤去費用なし2018年3月1日以降契約の場合
:3万1,680円

※金額は全て税込

 

解約費用に関しては、トータルではauひかりの方が高くなります。その理由は、auひかりの場合には回線撤去費用が発生するためです。もし撤去費用が発生しなければ、両者に1万円以上の差はありません。

 

テレビサービスの違い

ビッグローブ光では、テレビサービスにて地デジ放送やBSデジタル放送などを楽しめます。一方のauひかりのテレビサービスは、視聴できるジャンル数によって料金プランが変動する仕組みを。「ジャンルパック」と「オールジャンルパック」が用意されているのですが両プランともオンデマンドのみの視聴であり、地デジやBSなど民放の視聴はできません。

 

ビッグローブ光を選ぶ際に意識しておくべきポイント

 

ビッグローブ光を選ぶ際には、以下のポイントを意識してください。

 

【ビッグローブ光を選ぶ際に意識しておくべきポイント】

  • プロバイダの選択はできない
  • 地デジやBSが観られる
  • BIGLOBEモバイル・UQモバイルを利用しているとお得

 

プロバイダの選択はできない

ビッグローブ光の場合、プロバイダの選択はできません。ビッグローブ光を契約したら、自動的にビッグローブがプロバイダになります。一方のauひかりでは、8つのプロバイダから選択可能。プロバイダごとに違いがあるため、自分が求める条件に合わせて最適なプロバイダを選択できます。

 

地デジやBSが観られる

ビッグローブ光を利用する大きなメリットの1つが、地デジやBSデジタル放送を見られることです。月額料金825円で、地デジやBSデジタルを含むテレビサービスを利用できます。もし地デジやBSデジタル放送を見られない地域に住んでいる方であれば、ビッグローブ光を利用するメリットは非常に大きいと言えるでしょう。一方のauひかりにおけるテレビサービスでは、地デジとBSの視聴はできません。

 

BIGLOBEモバイル・UQモバイルを利用しているとお得

BIGLOBEモバイルやUQモバイルを利用しているのであれば、ビッグローブ光を利用するとお得になります。BIGLOBEモバイルやUQモバイルを利用していると、ビッグローブ光のキャンペーンを利用できるためです。BIGLOBEモバイルを利用している場合、ビッグローブ光と一緒に使うと毎月220円(税込)割引されます。

 

また、UQモバイルを利用しているのであれば、自宅セット割を使うことで最大858円/月(税込)分を割引可能です。BIGLOBEモバイルやUQモバイルを利用している方は、ビッグローブ光の契約を検討してみると良いでしょう。

 

ビッグローブ光の申し込み方法

ビッグローブ光の申し込み方法は、以下の通りです。

 

【ビッグローブ光の申し込み方法】

  1. 事前準備
  2. 申し込み
  3. 確認電話を待つ
  4. 必要書類の受け取り
  5. 工事日の調整・開通工事
  6. 接続設定・利用開始

 

事前準備

まず、申し込みにあたって既にコラボ光サービスを利用している場合は、事前に準備しておきたいことがあります。現在契約しているコラボ光サービスの窓口で、事業社変更承諾番号を取得しなければなりません。

 

発行手続きは電話での受付が通常であり、加えてNTT東日本エリアなら回線の契約者名、NTT西日本エリアであれば13桁の「お客様ID」も用意する必要があります。全くの新規開通であれば、特にしなければならない事前準備はないためご安心ください。

 

申し込み

事前準備が済んだら、ビッグローブ光へ申し込みを行います。以下のURLより、申し込みが可能です。

https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/join.html?cl=hikari_navi_join

また、下記のような代理店サイトからのお申し込みだとキャッシュバック等特典を受けれます。

ビッグローブ光の優良代理店NNコミュニケーションズのサイトを見る

 

Webでの入力にあたっては、住所や電話番号などの基本情報に加えて、回線設置先の住居形態(一戸建てか集合住宅か・持ち家か賃貸か分譲か)も確認されます。工事費の支払い方法(一括か分割か)や工事希望日の大まかな要望も選択するため、覚えておいてください。

 

確認電話を待つ

申し込みが完了したら、事務局から確認電話の確認電話を待ちます。ここで工事日の日程調整や料金の詳細、キャンペーン内容などに関する説明を受けるため、必要に応じてメモなどをしておくと良いでしょう。工事の日程を決める際には、都合の良い日を3日ほど用意しておくことが推奨されています。

 

必要書類の受け取り

電話での確認が完了すると、後日BIGLOBEから契約内容や接続設定内度に関して記載された入会資料(会員証か接続ID通知書)が送られてきます。書類には接続IDとパスワードが書かれているため、しっかりと保管してください。

 

もし届かなければ、2週間を目途にBIGLOBEの窓口まで連絡してください。入会資料が届いた後、通常1か月以内に「開通のご案内」という手紙で工事予定が通知されます。

 

開通工事

電話確認にて調整した工事日に、工事担当者が訪れて光ファイバー導入工事を行います。工事には、原則立ち会いが必要。接続に関するマニュアルを工事担当者が持ってくるので、確認しながら契約者自身で配線を行います。なお、事業者変更・転用の方は、開通工事は不要です。

 

接続設定・利用開始

工事を行い配線が済んだら、接続設定を行います。接続設定ガイドの手順に従い、パソコンや通信機器の設定を行えば作業は完了です。なお、事業者変更や転用の方であれば、会員証の接続IDとパスワードにより接続設定を変更することで利用を開始できます。

 

まとめ

ビッグローブ光はauひかりと同様に人気の高い光回線提供サービス。月額料金はauひかりと比較してもあまり変わりませんが、UQモバイルやBIGLOBEモバイルを利用している方であれば、お得に利用できるためおすすめです。

 

また、オプションのテレビサービスにて地デジやBSデジタル放送も楽しめるため、これらが見られない地域の方にも向いているでしょう。手続きは比較的シンプルですので、ビッグローブ光の利用も検討してみてはいかがでしょうか。